Help us understand the problem. What is going on with this article?

【javascript 】新しいオブジェクトリテラル

簡易表記のプロパティ名

以下は、プロパティ名textに変数textを代入している。

const message={text:text};

プロパティ名と変数名が同じになる場合はこのように簡潔にできる。

const message={text};

これは分割との組み合わせでも機能する。

let {count}=stateManager.getState();
count+=amount
stateManager.update({count})

簡易表記のメソッド名

function manager() {
  const state = {};
  return {
    update: function(changes) {
      Object.assign(state, changes);
    },
    getState: function() {
      return Object.assign({}, state);
    }
  }
}

上のコードは以下のように簡易化できる。

function manager() {
  const state = {};
  return {
    update(changes) {
      Object.assign(state, changes);
    },
    getState() {
      return Object.assign({}, state);
    }
  }
}

ここでは
{update:function(){}}を{update(){}}に短縮している。

プロパティと同様にメソッドでも:以降が省略されている。

また、この簡易表記のメソッドは無名関数である。
つまり関数愛のメンバーを参照する時にその関数を名前で参照することは出来ない。

const ex = {
  at(n) {
    if (n <= 2) return 1;
    return at(n - 1) + at(n + 2);
  }
}

ex.at(7);// ReferenceError: at is not defined

つまりaとcが同等であり、bのような挙動は出来なということ

const a={
  meth(){
    //...
  }
}

const b={
  meth:function meth(){
    //...
  }
}

const c={
  meth:function(){
    //...
  }
}

これが問題になるのは関数が自己参照する場合。
自己参照が必要な場合はカニ表記メソッドを使用してはいけない。

まとめ

  • 簡易表記プロパティ名はキーと値が同じ名前である場合に省略できる。
  • 簡易表記メソッドは無名関数であり、再帰に使用すべきでない。
yktk435
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした