Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Unity,VFX]SDF(符号付き距離場)を使ったVFXパーティクル芸

More than 1 year has passed since last update.

SDF(Signed Distance Field)を使ったパーティクルによるメッシュ形成術

制作物は以下のようなものになります。SDFを使うことで、パーティクルが任意の地点をぐるぐると循環するようになります。
SDFが何たるかはここでは説明しませんのであしからず。

制作環境

Unity2019.1.0f2
※PackageManagerよりBurst、Mathmatics、Visual Effect Graphをインポートしておいてください。

UnityにはまだSDFをベイクする機能はありません

残念ながらSDFをベイクする公式ツールは提供されていないようですので、こちらからSDFrというプラグインをお借りします。
Package化されてないので、Assets/以下のフォルダを丸ごとプロジェクトに放り込んでください。

SDFrの使い方

SDF1.png

ベイクしたいオブジェクトにSDFbakerをアタッチします。使用したボタンは赤線をつけておきました。

  • Dimensions・・・ベイク後のTexture3Dのサイズになります。解像度はここを弄ってください。32^3で十分だと思います。
  • Encapsulate・・・モデルがちょうど収まるバウンドを設定してくれます。
  • Bake・・・ベイクします。書き込み先が設定されていなくてもファイルを作成してくれます。
  • Preview・・・ベイク結果を元のモデル位置に表示してくれます。このプレビューがうまくいってないとパーティクルが荒れます。

Tips

モデルデータのRead/Write Enabledをオンにしておきます。これをしておかないと以下のようにベイク結果が破綻します(二枚目はSDF Flipをオンにした状態)。この状態のSDFデータをVFXに流し込むと、パーティクルが特定の場所に滞留してしまい、うまくモデルを形成してくれません。
SDF2.png
SDF3.png

Visual Effect Graphのレシピ

SDF4.png

将来的には公式がベイク機能を提供するでしょう。

この記事と使用したプラグインは近い将来obsoleteされると思いますが、それまでの間はこの方法でSDFによるパーティクル芸を頑張りましょう!!!

参考文献

SDFr by xraxra, https://github.com/xraxra/SDFr

yarikomivr_com
UnityとBlender界隈に生息しています。主にCG制作をメインに活動しています。
https://3dcg-school.pro/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした