systemd-nspawn

systemd-nspawnの--registerオプション

systemd-nspawn Advent Calendar 2017 17日目の記事です。

systemd-nspawnには--registerオプションというものがあり, machinectlから見えるかどうかを制御できます

# 通常だと見える
systemd-nspawn -D ubuntu2/
machinectl
    MACHINE CLASS     SERVICE        OS     VERSION ADDRESSES
    ubuntu2 container systemd-nspawn ubuntu 16.04   -

# 見えない
systemd-nspawn -D ubuntu2/ --register no
machinectl
    No machines.

例えば、本番サーバ等で、systemd-nspawnを使っている場合、起動中のコンテナを監視等しているかもしれません。
そう言った場合でも、machinectlコマンドから見えなくして影響がないようにすることができます。