Help us understand the problem. What is going on with this article?

IBM Cloud(主にIaaS) 2019年 振り返り

IBM Cloud(主にインフラ寄り)に関して、2019年に発表された新機能についての情報です。

クラウドベンダーは、膨大な投資をクラウド事業に対して継続して行っていますから、必然的に多くの進歩・改善が起こります。去年は実現していなかった数々の事が今年実現しましたし、今できない事も、1年後にはできるようになっているかもしれません。

過去の情報は下記にあります。
2018年: https://qiita.com/y_tama/items/d25cd73d0fce3a58746a
2017年: https://qiita.com/y_tama/items/63c09a89dce5392e91ee
2016年: https://qiita.com/y_tama/items/848106c811178673061a

また、公式ブログでも随時、情報発信されています。
https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/category/cloud/

マルチテナント型のVMware環境が2019/12にベータで利用可能に。(2019/11)

VMworld Europeで発表されました。
https://www.ibm.com/cloud/blog/announcements/ibm-cloud-for-vmware-solutions-shared

Variable compute (2019/9)

仮想サーバーのFlavorとして、CPUをオーバーコミットする代わりに、安価に使える選択肢が増えました。
https://cloud.ibm.com/docs/vsi?topic=virtual-servers-about-virtual-server-profiles&locale=en#variable-compute

時間課金
image.png

月額課金
image.png

IBM Cloud Load BalancerがCookieによるセッション維持に対応しました(2019/9)

image.png

Cloud Internet Servicesに新プラン登場 (2019/8)

新たに、Global Load Balancer機能のみを使えるプランと、Security関連機能のみを使えるプランが登場しました。特定の機能だけ使いたい場合は、全部入りのEnterprise Planを選ぶより安価な価格設定となっています。
https://cloud.ibm.com/docs/infrastructure/cis?topic=cis-cis-plan-comparison#plan-comparison

価格情報はこちらにあります。
https://cloud.ibm.com/catalog/services/internet-services

Power Systems Virtual Server (2019/6)

Power Systems(AIX、IBM i)の仮想サーバーがIBM Cloudで選べるようになりました! まずは米国のデータセンター(ダラス、ワシントン)からの展開となります。

https://cloud.ibm.com/docs/infrastructure/power-iaas?topic=power-iaas-getting-started

通常のAIXの管理者権限が使えます。

image.png

smittyも、もちろん普通に使えます。

image.png

OpenShiftのマネージド環境 (2019/8)

Red Hat OpenShift on IBM Cloud
https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/red-hat-openshift-on-ibm-cloud/

https://cloud.ibm.com/docs/openshift?topic=openshift-getting-started&locale=ja

VPC GA! (2019/6)

VPCが利用可能になりました。

https://cloud.ibm.com/docs/vpc-on-classic?topic=vpc-on-classic-getting-started

image.png

大阪PoP開設! (2019/6)

Direct Link Dedicatedが、大阪でもオーダーできるようになりました。
image.png

大阪は東京と同じLocal Marketに分類されるため、大阪にDirect Linkを繋いで東京DCのサーバーにアクセスする時に、Global Routing Add-onは不要です。

https://cloud.ibm.com/docs/infrastructure/direct-link?topic=direct-link-pricing-for-ibm-cloud-direct-link&locale=en#expanded-ibm-cloud-direct-link-local-markets
image.png

ベアメタルサーバーがReserved Instanseに対応

1年、3年のReservedで、ベアメタルサーバーがオーダーできるようになりました。
固定構成の数パターンから選択する形となります。標準価格に比べて、25%-55%程度、割引された価格で利用できます!

https://www.ibm.com/blogs/bluemix/2019/04/now-taking-reservations-for-bare-metal-on-ibm-cloud/

IBM Cloud Load BalancerがMZRに対応

IBM Cloud Load Balancerの実体となるインスタンスが、ゾーン分散して配置されるようになり、可用性がさらに向上しました。

https://cloud.ibm.com/docs/loadbalancer-service?topic=loadbalancer-service-multi-zone-region-mzr-overview&locale=en

CISの機能拡張

対応プロトコルが増えるとともに、エッジコンピューティングの機能が追加されました。

https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/ibm-cloud-internet-services-is-enhancing-the-edge/

プラン比較は下記にあります。
これまでのスタンダードとエンタープライズに加え、GLBプランとSecurityプランが追加になっています(2019/9)
https://cloud.ibm.com/docs/infrastructure/cis?topic=cis-cis-plan-comparison

HTTP/HTTPS以外のプロトコルに対応(Range)

https://cloud.ibm.com/docs/infrastructure/cis?topic=cis-cis-range

エッジコンピューティングに対応

https://cloud.ibm.com/docs/infrastructure/cis?topic=cis-edge-functions

Enterprise Planで、CISのログをICOSに定期的にpushして保管できるようになりました

https://cloud.ibm.com/docs/infrastructure/cis?topic=cis-logpush

Firewall機能が強化されました

whitelist的な制御や、botの判別ルールが追加されています。
https://cloud.ibm.com/docs/infrastructure/cis?topic=cis-firewall-rules

POWER9 on IBM Cloud発表

IBM CloudでPOWER9環境が提供されることが発表されました。
https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/ibm-power9-on-ibm-cloud/

VeeamがOffice 365のバックアップに対応

https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/ibm-cloud-announces-new-veeam-backup-support-for-microsoft-office-365/

VeeamがICOSへのバックアップに対応

過去のバックアップをICOSに移動する機能が利用可能になりました。高いデータ保全性と低コストが特長のICOSとの連携により、Veeamの利用価値がさらに高まったと言えます。

https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/ibm-cloud-supports-veeam-availability-suite-9-5-update-4/

IBM Cloud Object Storage(ICOS)

価格改定

クラスA およびクラス Bオペレーションにかかる料金が値下げになりました。詳細は下記をご参照ください。
https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/cloud-object-storage-enhancements-and-pricing/

ICOS Public Access 機能 – 認証なしで ICOS データを外部公開可能に

ICOSに配置したデータを、認証なしでインターネットに公開できるようになりました。

https://cloud.ibm.com/docs/services/cloud-object-storage?topic=cloud-object-storage-iam-public-access

https://qiita.com/testnin2/items/6379e5bc5ea165212e15

ICOS ファイアウォール (IPホワイトリスト) 機能

bucketに対し、接続元IPアドレスによるアクセス制御が可能になりました。

https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/introducing-ibm-cloud-object-storage-firewall-further-secure-your-data/

https://cloud.ibm.com/docs/services/cloud-object-storage?topic=cloud-object-storage-setting-a-firewall#setting-a-firewall

https://qiita.com/testnin2/items/0d23bb5b46f32e45eeb3

ICOSとIBM Cloud Functionsの連携

例えば、「ICOSにzipファイルをアップロードしたら、通知する、ファイル展開する、キャッシュをクリアする」など、ICOSへのアクションをトリガーにしてIBM Cloud Functionsを呼び出すことができます。
https://qiita.com/testnin2/items/4c307fa39ee588d0e53f

ベアメタル1台で、HCXとKubernetes環境が試せるオファリング

1台のベアメタルで、VMware NSX環境と、HCX、さらにIBM Cloud Private Hostedを最長90日間試用できます。PoC用途に最適です。

https://cloud.ibm.com/infrastructure/vmware-solutions/console/gettingstarted/vcstrial

Direct Link Connect

キャリアが持つ閉域網を直接IBM Cloudに引き込めるようになりました。対応キャリアが続々と増えています!

https://www.ntt.com/business/services/network/vpn/vpn/op/ibm-cloud.html

https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/direct-link-connect-colt-japan/

https://cloud.ibm.com/docs/direct-link?topic=direct-link-how-to-order-ibm-cloud-direct-link-connect&locale=en

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away