Help us understand the problem. What is going on with this article?

slack入門 ~登録編~

More than 3 years have passed since last update.

登録

1.各チームの指示に従ってアドレスを教えてもらってください。

2.メールアドレスの登録
スクリーンショット 2017-01-22 21.56.52.png

リンクをクリックすると上記のような画面に移動します。
左側にある入力フォームにご自身が普段利用しているメールアドレスを入力してください。

入力が完了したら「Verify email」を押してください。

3.確認画面

ステップ2がうまくいっていれば下記のような画面になります。

スクリーンショット 2017-01-22 21.57.42.png

上記画面を確認後、登録したメールを確認してください。
下記のようなメールが届いているはずです。

スクリーンショット 2017-01-22 21.59.14.png

中身はこのような感じです。

スクリーンショット 2017-01-22 21.59.37.png

メールに記載されている「Confirm Email」をクリックしてください。

4.ユーザー登録

「Confirm Email」をクリックすると下記の画面に移動します。
移動後は、「Your name」、「Username」に必要事項を入力してください。
※Usernameはニックネームのようなイメージです。

スクリーンショット 2017-01-22 22.01.24.png

項目入力後、「Next」を押してください。

5.パスワードの登録

パスワード画面キャプチャ.png

Passwords must be at least 6 characters long, and can't be things like password, 123456 or abcdef.

最低でも6文字以上、英数字を使ってください。

PWの登録画面が出るのでPWを入力してください。

5.確認ステップ

英語ですが内容を確認後、「I Agree」を押してください。

スクリーンショット 2017-01-22 22.03.56.png

6.登録完了

これでslackの登録が完了です。
「Explore Slack」をクリックしてください。

スクリーンショット 2017-01-22 22.04.34.png

7.Welcomeページ

slackのチュートリアルを受けることができます。

スクリーンショット 2017-01-22 22.04.50.png

チュートリアルを受けない場合は「Skip the tutorial」をクリックしてください。

8.slackへようこそ

スクリーンショット 2017-01-22 22.05.26.png

こちらもどうぞ

新人の指導者 or 新人の方へ

y_sekitoba
異業種からweb業界へ転職。 基本的に備忘録がメインです。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした