Help us understand the problem. What is going on with this article?

REST API(Integration Architecutre デザイナー)

REST API

image.png

特徴

  • リモートサイトからSalesforce標準APIを呼び出す為のインバウンド連携
  • 設計パターンの「リモートプロセス呼び出し-要求と応答(同期処理)」に該当する
  • Salesforceが提供する標準APIを利用する為、仕様に基づけば即時連携が可能となる
  • URIで操作対象のリソースを表現して、リソースに対するCRUDをHTTPメソッドで実現する
  • HTTPメソッド毎のリソース操作
    • GET:リソースの取得:SELECT
    • POST:リソースの作成:INSERT
    • PATCH:リソースの更新:UPDATE
    • DELETE:リソースの削除:DELETE
    • PUT:リソースの作成または更新:UPSERT
  • 認証は主にoAuth2.0(access_token)であり、セッションIDも可
  • 返却形式は主にJSONであり、XMLも可
    • JSONの場合、ペイロードが軽量である
  • 接続したいデータの用途によりRESTベースのAPIが異なる場合がある
    • Chatter:Chatter API
    • メタデータ:メタデータ API
    • Force.com アプリケーション用のカスタム開発ツール:Tooling API

セキュリティ

  • データ
    • ログイン時のユーザに対応したSalesforce側のデータセキュリティが働く(オブジェクト権限、項目レベルセキュリティなど)
  • ネットワーク
    • TLSプロトコルが必須
    • Salesforceネットワーク認証により接続可能な時間帯、プロファイルまたは組織全体でのIPアドレス範囲の制御が可能

サンプル

GET(query)

/vXX.X/query/?q=SOQL クエリ
/vXX.X/query/?q=SELECT+id+,+Name+FROM+Lead+limit+1

注意すべきガバナ制限

制限 備考
24 時間あたりの合計コール数 エディション毎の計算方法
1 つの SOSL クエリによって取得されるレコードの合計数2000件

RESTを選択するシナリオ

  • モバイル、タブレット等のネイティブアプリケーションとの連携が必要な場合(軽量の為)
  • 少数のレコード件数の登録・更新・削除の場合
  • カスタマイズされたChatter、コミュニティまたはおすすめ用の UI を構築する場合
    • Chatter REST API を使用

リファレンス

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした