Help us understand the problem. What is going on with this article?

Go で Docker の multi-stage build を試す

前提

  • Docker がインストールされていること

手順

Go ファイルを作成

app.go という名前のファイルを作成する。

app.go に「Hello, world」と出力するだけのコードを書く。
(ホストOS に Go がインストールされてなくても :ok_hand:

app.go
package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Println("Hello, world")
}

Dockerfile を作成

Go ファイルと同じディレクトリに Dockerfile を作成する。
「Go のバイナリをビルドする環境」と「Go のバイナリを実行する環境」の定義を記述する。

Dockerfile
# 「builder」という名前で Dockerfile 内から参照できるようにする
FROM golang:1.13 AS builder
WORKDIR /root
# 作成した Go ファイルをコピー
COPY . /root
# Linux 用のバイナリをビルドし、WORKDIR に出力
RUN GOOS=linux go build -o app .

# scratch は超軽量なイメージ
FROM scratch
WORKDIR /root
# 「builder」にあるバイナリを WORKDIR にコピー
COPY --from=builder /root/app .
CMD ["./app"]

イメージをビルド & コンテナ起動

Go ファイルと Dockerfile があるディレクトリでターミナルを起動し、イメージをビルド & コンテナ起動する。

terminal
# app という名前でイメージをビルド
docker build -t app .

# app のコンテナを起動( --rm はコンテナ停止時にコンテナを削除するオプション )
docker run --rm app
# app.go の実行結果が出力される
> Hello, world

# app のイメージサイズ ≒ バイナリのサイズ で「Go のバイナリを実行する環境」が実現できたことがわかる
docker images app --format "table {{.Repository}}\t{{.Tag}}\t{{.Size}}"
REPOSITORY          TAG                 SIZE
app                 latest              2.01MB
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした