Help us understand the problem. What is going on with this article?

Storyboard Referenceを使ってみた

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

タイトルの通りですが、
Storyboard Referenceを使ったことなかったので、使ってみました。

Storyboard Reference??

異なるStoryboard間をsegueでつなげられる機能です。
iOS8から使える機能ですが、
NavigationController, TabBarController, SplitViewControllerなど
Relationship Segueを利用する場合はiOS9以降でないと使えないようです。残念(>_<)/
スクリーンショット 2017-01-25 2.24.39.png

使い方はとても簡単でした!!

Storyboard Referenceを選択して、
スクリーンショット 2017-01-25 2.54.00.png

遷移先のStoryboard名を選択する。
スクリーンショット 2017-01-25 2.55.07.png

スクリーンショット 2017-01-25 2.54.51.png

そして、紐付けるだけです!
スクリーンショット 2017-01-25 2.58.40.png

Storyboard Referenceを使えば、
以下のサンプルのように重たいStoryboardもスマートにできそうです。

Before

Storyboard Referenceを使う前の状態です。
スクリーンショット 2017-01-25 2.37.14.png

敢えて、1つのStoryboardに全画面実装してみました。
チーム開発だと絶対コンフリクト発生するパターンですね(笑)

After (Storyboard Referenceを使った場合)

画面遷移するのにほとんどソースコードを書くこともなく、1画面1Storyboardに出来ました(^ω^)

スクリーンショット 2017-01-25 2.41.28.png

スクリーンショット 2017-01-25 2.41.53.png

スクリーンショット 2017-01-25 2.42.14.png

スクリーンショット 2017-01-25 2.42.33.png

スクリーンショット 2017-01-25 2.42.52.png

さいごに

Githubにサンプルプロジェクトをpushしました。
https://github.com/yuoku/StoryboardReference-Sample

y-okudera
ぼのぼの。 アカウント名をGitHubに合わせました!(旧アカウント名: @okuderap)
andfactory
Smartphone Idea Companyとして、人々の生活に「&(アンド)」を届ける。
https://andfactory.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした