Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Cluster Creator Kitで実装した機能を逆引きで説明する

はじめに

先日オンラインで行われたClusterGAMEJAM2020 in WINTERに参加しました。
その際に実装した機能を逆引きでまとめます。

Title

https://cluster.mu/w/fe97464b-e8ed-4edf-8fd1-dd472b1991f7
よかったらプレイしてみてください。

↓↓機能を逆引きで説明します。↓↓

①オブジェクト生成時に効果音(SE)を鳴らしたい!
②召喚したモンスターのHPを設定したい
③発射するボールの所持数を動的に増やす
④アバターの移動速度を速くする
⑤プレハブをランダムの位置に生成する

①オブジェクト生成時に効果音(SE)を鳴らしたい!

オブジェクト生成時、PlayAudioSourceGimmickを通じて音を再生します。
Oncreateitemtrigger1.png
OnCreateItemTrigger
→TargetをGlobal
→Keyを設定
PlayAudioSourceGimmick
→OnCreateItemTriggerで設定したKeyをKeyへ設定

②召喚したモンスターのHPを設定したい

オブジェクト生成時、HPを100の状態となる
Oncreateitemtrigger2.png
OnCreateItemTrigger
→TargetをGlobal(外部からHPを減らす可能性があるため)
→ParameterTypeをIntegerに設定(floatも設定できる)
→IntegerValueを100に設定

③発射するボールの所持数を動的に増やす

オブジェクトをクリックすると、ボールの所持数が1ずつ増えていきます。
Oncreateitemtrigger3.png
InteractItemTrigger
→TargetをGlobalに設定
→Keyを設定

GlobalLogic
BallCount(Integer)に、1ずつ足していくように設定
*事前にGlobalでボールの所持数(BallCount)を作っておく

④アバターの移動速度を速くする

ワールド入場時、アバターの速度が10早くなります。
Oncreateitemtrigger4.png
OnCreateItemTrigger
→TargetをGlobalに設定
→Keyを設定
→ParameterTypeをFloatに設定(設定できる速度がFloatのため)
→FloatValueを10に設定(高いほど早くなる)

SetMoveSpeedRatePlayerGimmick
→TargetをGlobalに設定
→OnCreateItemTriggerで設定したKeyをKeyへ設定

⑤プレハブをランダムの位置に生成する

ワールド入場時、ランダムの場所に指定した数のオブジェクトを生成する
rand4.png
OnCreateItemmTrigger
→TargetをGlobalに設定
→Keyを設定

rand1.png
ItemTriggerLottery(生成する複数の場所のオブジェクトを設定)
→Weightを1に設定(重み)×3
→Target、Keyを設定×3

rand2.png
ItemLogic
→Keyを設定
→BlockCountが0以上の時にRandomGenerateを発火するように設定

rand3.png
CreateItemGimmick
→ItemTriggerLotteryで設定したKeyをそれぞれのKeyに設定
→ItemTempleteに生成するプレハブを設定
→SpaawnPointに生成する位置を設定

生成する位置は下記のような配置にしました。
rand5.png

おわりに

Cluster Creator Kit の機能の逆引きが増えれば、初心者でも実装が容易になりそうですね!
今後も機会があればワールドを作りたいです。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
1
Help us understand the problem. What are the problem?