Edited at

Linux のディスクの fstab に書くときに UUID 指定するとディスク認識の順番が変わらなくていいって話

最近リブートしたらディスクを認識する順番変わって起動しなくなったりしてとても辛い思いをしたのでメモです。

こうなっているとする。

$ ls /dev/xvd*

/dev/xvda /dev/xvda1 /dev/xvdb /dev/xvdb1

そこでこう書いたとします


/etc/fstab

/dev/xvdb1       /data    ext4   defaults        0 0


ディスクの認識順序次第ではルートパーティションのマウントで失敗して起動に失敗したりします。

そこで UUID を使います。

こんな感じで調べる。

$ ls -l /dev/disk/by-uuid/

total 0
lrwxrwxrwx 1 root root 11 Dec 17 10:48 512611f4-b05a-4d8a-b743-438b71c5385d -> ../../xvda1
lrwxrwxrwx 1 root root 11 Dec 21 23:50 60ce48f4-6e5c-4670-9fb5-69b181c3288c -> ../../xvdb1

もしくは

[wnoguchi@lasthope ~]$ blkid

/dev/sda1: UUID="1f2c5158-eda4-4c4f-b8e2-cacfeceb643d" TYPE="ext4" PARTUUID="7558d7f0-02"
/dev/sda5: UUID="cdd9a756-e518-49a0-a4f9-4d761fcdf48e" TYPE="swap" PARTUUID="7558d7f0-07"

そしてこう書く。


/etc/fstab

UUID=60ce48f4-6e5c-4670-9fb5-69b181c3288c       /data    ext4   defaults        0 0


sudo mount -a

$ df -h

Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
udev 2.0G 0 2.0G 0% /dev
tmpfs 396M 5.6M 390M 2% /run
/dev/xvda1 7.7G 3.6G 4.2G 46% /
tmpfs 2.0G 4.0K 2.0G 1% /dev/shm
tmpfs 5.0M 0 5.0M 0% /run/lock
tmpfs 2.0G 0 2.0G 0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvdb1 99G 60M 94G 1% /data
tmpfs 396M 0 396M 0% /run/user/1000

(゚д゚)ウマー