Help us understand the problem. What is going on with this article?

Twitterで見逃したくないツイートをSlackに連携する

目的:見逃したくないつぶやきを拾う

Twitterのタイムラインでは、ツイートの少ないアカウントは、他のツイートに埋もれて見逃しやすいため、特定のツイートをSlackに連携することで必ずチェックできるようにします。

<補足>

  • 2017年4月29日時点の各サービスの仕様にもとづく情報です。
  • 無償での連携を想定して書いています。

Twitterの特定ツイートをSlackに連携する

連携する方法は、下記の3通りがあります。

  1. とにかくかんたんに連携したい → Slack App連携(特定ユーザ指定)

  2. ツイート内容を見やすくしたい → IFTTT連携(特定ユーザ指定) ※要IFTTTアカウント

  3. 特定のツイートだけ連携したい → IFTTT連携(検索条件指定)  ※要IFTTTアカウント

設定のしやすさや表示の見やすさなど、お好みの方法でご利用ください。(おすすめはIFTTT連携です)

かんたん編:Slack App連携(特定ユーザ指定)

https://slack.com/apps/A0F7XDW93-twitter にアクセスします。
※Slackの「App Directory」から「Twitter」を検索して移動した先と同じです。

②「Install」ボタンをクリックします。
※2回目以降は、「Add Configuration」ボタンになっています。

Twitter_Slack_install.png

③「Add Twitter Integration」ボタンをクリックします。

Twitter_Slack_integration.png

④「連携アプリを認証」ボタンをクリックします。

Twitter_アプリケーション認証.png

⑤設定画面で「Auto-post Tweets in Slack」と「Post to Channel」(投稿先チャンネル)を設定して「Save Settings」ボタンをクリックすると完了です。(その他の設定項目はデフォルトのままでも大丈夫です)

「Auto-post Tweets in Slack」について

  • 「CHOOSE A TWITTER ACCOUNT」は、チェックしたいTwitterアカウント名を入力します。
  • 「CHOOSE THE TWEETS TO DISPLAY」は、「CHOOSE A TWITTER ACCOUNT」で入力したアカウントに関連するどのツイートをSlackに連携するかを設定します。
    • このアカウントへ送信されたツイート
    • このアカウントから送信されたツイート
      • @repliesを除外する 
      • リツイートを表示する

Twitter_Slack_configration.png

※上記の画像では、説明のために自分のアカウント名を入力していますが、実際には自分以外のアカウント名を入力することになります。

かんたん編:実際の表示

▼Twitterに投稿されたツイート
つぶやき_ Twitter.png

▼Slack投稿されたツイート
つぶやき_Slack.png

見やすい編:IFTTT連携(特定ユーザ指定)

https://ifttt.com/create にアクセスします。
※IFTTTの「My Applets」メニューをクリックした後、「New Applets」ボタンをクリックした先と同じです。

②「if +this then that」の「+this」をクリックした後、「Twitter」をクリックします。

③「Choose trigger」にて、「New tweet by a specific user」をクリックします。

IFTTT_user_6-2_1.png

④チェックしたいTwitterアカウント名を入力して「Create trigger」ボタンをクリックします。

IFTTT_user_6-2_2.png

※上記の画像では、@junkudo_ike_pc を入力しています。

⑤「if this then ✚that」の「+ that」をクリックした後、「Slack」をクリックします。

⑥「Choose action」にて、「Post to channel」をクリックします。

IFTTT_user_6-4.png

⑦「Which channel?」では、投稿先のチャンネルを選択し、「Message」にて投稿内容を設定した後、「Create Action」ボタンをクリックします。
※「Title」、「Title URL」、「Thumbnail URL」は任意項目なので、空欄で大丈夫です。

「Message」の設定内容について

  • 「add ingredient」をクリックすると、使用可能な変数を入力することができます。
  • 直接文字列を入力すると、その文字がそのままSlackに投稿されます。

IFTTT_user_6-5.png

⑧最後の確認画面で「Finish」ボタンをクリックすれば、完了です。

見やすい編:実際の表示

▼Twitterに投稿されたツイート
ジュンク堂書店池袋本店_PC書さんのツイート.png

▼Slack投稿されたツイート
junkudo_ike_pc___Will-meaning_Slack 2.png
※Slack AppにてTwitterを連携している場合は、TwitterのURLを自動展開してしまいますが、連携していない場合は赤枠の部分だけが通知されます。
※もちろん、投稿内容にTwitterのURLを含めなければ、Slack AppのTwitter連携の影響はありません。

絞り込み編:IFTTT連携(検索条件指定)

※かんたん編との違いは③、④のみ異なりますので、差分のみ記載します。

https://twitter.com/search-advanced?lang=ja にアクセスして、検索条件を指定して「検索」ボタンをクリックします。

Twitterの高度な検索.png

※上記の画像では、@jvnjp が「java apache tomcat struts spring seasar」のいずれかのキーワードを含むつぶやきを条件にしています。

②表示された検索結果が問題なければ、検索フィールドに内の検索条件をコピーします。
※「話題のツイート」ではなく、「すべてのツイート」で確認します。

Twitter_検索結果.png

→「java OR apache OR tomcat OR struts OR spring OR seasar from:jvnjp」

③見やすい編の①〜②を実施します。

④「Choose trigger」にて、「New tweet from search」をクリックします。

IFTTT_search_6-2_1.png

④「Search for」に②でコピーした検索条件を入力して「Create trigger」ボタンをクリックします。

IFTTT_search_6-2_2.png

⑤見やすい編の⑤〜⑧を実施して完了です。
※今回は⑦の「Thumbnail URL」で「UserImageUrl」を指定しています。

絞り込み編:実際の表示

▼Twitterに投稿されたツイート
JVN_脆弱性レポートさんのツイート.png

▼Slack投稿されたツイート
security_Slack.png
※「Thumbnail URL」で「UserImageUrl」を設定したので、右側にユーザ画像が表示されています。

参考サイト

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした