Help us understand the problem. What is going on with this article?

Go言語を真剣に勉強してみた〜基本構文編③(関数)〜

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

こんにちは。某学校でプログラミング等の勉強中のサーバーサイドのプログラマーのワタタクです。:relaxed:
さて今回は「Go言語を真剣に勉強してみた〜基本構文編〜」の3回目と言うことで「Goの関数」についてみていこうと思います。
では、早速いってみましょう:point_up:

「Go言語を真剣に勉強してみた〜基本構文編①(変数、定数、条件分岐、繰り返し処理)〜」についてはこちらから。
「Go言語を真剣に勉強してみた〜基本構文編②(配列)〜」についてはこちらから。

関数

func 関数名(引数 データ型) 戻り値の型 {
    return 戻り値
}

*Goでは複数の戻り値が指定できる。(カンマ(,)区切り)で。その際、戻り値のデータ型もカンマ区切りで()でくくる。

以下例

func.go
func main() {
    hello()
    n := plus(1, 2)
    fmt.Println(n)
}

func hello() {
    fmt.Println("HelloWould\n")
}

func plus (i, j int) int {
    n := i + j
    return n
}

出力結果

HelloWould

3

以上。
もし何か間違っている等のご指摘があればご連絡ください。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
次回は「Go言語を真剣に勉強してみた〜基本構文編④(ポインタ、構造体)〜」です。

よろしければ、Go言語を真剣に勉強してみた〜環境構築編〜もご覧ください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away