オープンソースのデータ可視化ツールのre:dashでらくらく分析共有 その3 〜 Google Spreadsheets編

  • 57
    Like
  • 1
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

前回まではMySQLにつなげていましたが、今回は Google Spreadsheets とつなげてみます

re:dashでGoogle Spreadsheetsが扱える仕組み

ここにドキュメントがあるのですが、re:dashではpythonモジュールのgspreadとoauth2clientを使ってGoogle Spreadsheetsからデータをとってきています。

手順概要

  1. Google Developer Consoleでプロジェクトを作成
  2. Service account keyの発行
  3. APIを有効にする
  4. Google Spreadsheetsのデータソースの作成
  5. データセットを用意してGoogle Spreadsheetsにあげる
  6. ビジュアライゼーション

Google Developer Consoleでプロジェクトを作成

re:dashからGoogle Spreadsheetsにつなぐには、Service account keyをGoogle Developer Consoleから発行する必要があります。

まずプロジェクトをつくります。今回はredash-sampleという名前にしました。

Home_-_redash-sample.png

Service account keyの発行

つぎにAPIのメニューで、Service account keyを発行します。
この手順を行うと最終的にjson形式のファイルがダウンロードされます。これはあとから使うので適切なところに保存しておきます。

Home_-_redash-sample.png

Credentials_-_redash-sample.png

Create_service_account_key_-_redash-sample_と_Dash.png

APIを有効にする

つぎにOverviewからDrive APIを探してenalbedにしておきます。

API_Library_-_redash-sample.png

Google Spreadsheetsのデータソースの作成

以下のように作成します

re_dash___Data_Sources.png

データセットを用意してGoogle Spreadsheetsにあげる

平成22年基準消費者物価指数のページの中分類指数(1970年1月~最新月)をcsvでダウンロードしてきてこれをGoogle Spreadsheetにあげます。

その後、以下のようにデータを整形します。A1はYYYYMMのほうが適切かなとおもったのでかえました。

平成22年基準消費者物価指数_-_Google_Sheets.png

そして、これをService account keyのjsonの中にあるemailにシェアします

平成22年基準消費者物価指数_-_Google_Sheets.png

ビジュアライゼーション

Google SpreadsheetのURLが以下の場合とします。

平成22年基準消費者物価指数_-_Google_Sheets.png

そのときに、New Queryで作成する値には、以下をいれます。
「URLにあるkey」と「スプレッドシート番号(0から始まる)」を「|」で区切っていれます。

re_dash___New_Query.png

適当にビジュアライゼーションすると、以下のようになります。
ほうほう、家賃は下がっているのですね。

re_dash___New_Query.png

まとめ

re:dashでGoogle Spreadsheetsのデータを取得してビジュアライゼーションまで行ってきました。
Google AnalyticsをGoogle Spreadsheetsで取り込みre:dashでビジュアライゼーションするということもできそうですね。
難点はSpreadsheetsの読み込みが遅いことです。今回使ったのだとインポートに20秒以上かかってました。