Help us understand the problem. What is going on with this article?

SpeakerDeckでスライドがすべて非公開になったときの対応方法

事件発生

Facebook Messengerで友人から、「スライドが見えなくなってるよ」と連絡が来ました。
見えなくなっていたスライドはこちら。38スライド全部見えなくなっていました。
https://speakerdeck.com/viva_tweet_x

image.png

上の画像の通り、非ログイン状態だと何も見えない。
スライドが全部消えた!?と思い青ざめながらログインして確認してみると、スライドは残っていました。全部非公開状態になっていたようです。

問題の切り分け

image.png

まずは、

スライドを公開状態に再度反映してみて、確認(個人の問題かどうか)
→ダメでした。非公開のまま。

他の人のスライドを見に行って、同件が発生していないか確認(SpeakerDeck全体の障害かどうか)
→何名か見ましたが、スライドは普通に見えました。

ということで心当たりもないので問い合わせることに。

情報収集がてら、Twitterで発生した事象を流したところ、@nihonbuson さんが同件で過去にハマっていたことを教えていただきました。
SNSの力は偉大です。

image.png

問い合わせ

Twitterとメールで両方問い合わせました。Twitterで問い合わせした後に「メールのほうが早いよー」とアドバイスしていただいたため、メールでも送っています。

Twitter: @speakerdeckに問い合わせ

image.png

メール: support@speakerdeck.comに問い合わせ

image.png

対応完了

メールを送ってから2時間半後に解決してくれました。素早い。

image.png

原因の推察

アカウントがスパム判定されたのではないか、というふうに推察しています。
短い期間でスライドをupするとスパム判定されていた、という事例は以下から見れますが、

Speaker Deckのアカウントが凍結されて直らない話

今回のケースは、そういうことはしていません。1か月に1度くらいのuploadペースなので、頻度ではスパム判定されていないはずです。
多分ですが、スライドの中身で全く同一のページを入れているものがいくつかあるので、それでスパムとして判定されたのかな…と。

困ったら

とりあえずサポートにメールしてみましょう。

viva_tweet_x
チームファシリテーター。 ふりかえり・カンバンなど、チームをよりよくするための活動を推進しています。 社内外でのイベントレポートも行います。 twitter: https://twitter.com/viva_tweet_x speakerdeck: https://speakerdeck.com/viva_tweet_x
nri
NRIは「コンサルティング」「金融 ITソリューション」「産業 ITソリューション」「IT 基盤サービス」の4事業でお客様のビジネスや快適な社会、暮らしを支えています。※各記事の内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。
https://www.nri.com/jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした