Help us understand the problem. What is going on with this article?

IoT@Loft ハンズオン #2 - Amazon FreeRTOSを用いた量産向けIoTマイコンデバイス開発プロトタイピング(2020年1月8日実施)を受講したよ

2020年1月8日 IoT@Loft ハンズオン #2- Amazon FreeRTOSを用いた量産向けIoTマイコンデバイス開発プロトタイピングが実施されました。
https://iotlofthandson2020jan.splashthat.com/

第1回AWS IoT@Loft スマートファクトリー IoT基盤構築プロトタイピングの2回目になります。
今回はSTM32を使用しAmazonFreeRTOSを触るハンズオンになります。
https://qiita.com/usashirou/items/426c2e96e7568b708ade

使用機材:STM32L4 Discovery kit IoT node

https://www.stmcu.jp/design/hwdevelop/discovery/51734/
AmazonFreeRTOSは、STM32L4 Discovery kit IoT node用が用意されています。

今回は、下記ハンズオン資料を基に進めます
https://awsj-iot-handson.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/Amazon_FreeRTOS_V2/st/AmazonFreeRTOS_Handson-2020.pdf

IoT@Loftのご紹介ハンズオンで構築するサービスの概要説明

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
飯田 起弘さん
IMG_1179.JPG

使用するハードウェアのご紹介

STマイクロエレクトロニクス株式会社
原 文雄さん
IMG_1180.JPG

ハンズオン

環境構築

AmazonFreeRTOSのセッティング

シャドウ

センサーデータの可視化

Elasticsearch Service

Lambda

今回は、System Workbench for STM32を使用して行いました、
WiFiの混雑もありながら、多くの人が時間内に終わったようです。

AmazonFreeRTOSをセッティングし、AWSにつなぐまではAzureよりも簡単に行えていると思います。
(認証情報などが使いやすいと思います)

注意:終わった人はElasticSearch Service の削除を必ずしてください。

AWSのサービスとマイコンボードを一元的に触ることが出来る有意義なハンズオンでした。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした