Help us understand the problem. What is going on with this article?

ELBに証明書をアップロードしたら「Server Certificate not found for the key」とエラーが出た

More than 1 year has passed since last update.

TL;DR

掲題のエラーが起きたら一旦キャンセルして既存の証明書を確認してみましょう。

現象

既存の ELB に SSL 証明書を追加しようとすると Server Certificate not found for the key というエラーになる件の解決方法
と同様の現象です。

ポートのリスナーを作成できませんでした: 443。 Server Certificate not found for the key:xxxxxxxxxxxxxxxxxxx

というエラーが出ます。

対応

調べてみるとELBに対する新規SSL証明書の適用はAWS CLIからでしかできないという世論が多数でした。しかしCLIからは面倒だったのでもう一度深呼吸して設定項目を見返してみました。
行なったことを以下に記します。
以下の画像では現行のSSL証明書をcertification,新しく追加する証明書をnew_certificationとしています。

  1. 一度キャンセルする
  2. 再度SSL証明書の欄の変更ボタンを押す。 スクリーンショット 2017-08-02 17.14.53.png

3.「AWS Identity and Access Management (IAM) から、既存の証明書を選択する」にチェックを入れる

スクリーンショット 2017-08-02 17.48.13.png

修了書のプルダウンを確認してみるとnew_certificationが選択できるようになっていました!

まとめ

同様の対応で対処できない場合もあると思いますが、一度既存の証明書を確認してみてくださいくコ:彡

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away