LoginSignup
20
10

More than 3 years have passed since last update.

ExportOptions.plistの作成方法

Posted at

はじめに

xcodebuild -exportArchive コマンドで -exportOptionsPlist オプションの指定に使う ExportOptions.plist を作成する方法を紹介します。

環境

  • OS:macOS Caralina 10.15.7
  • Xcode:12.4 (12D4e)

ExportOptions.plistの作成

「作成」という言葉を使っていますが、実態は「アーカイブしてエクスポートしたフォルダから引っこ抜く」です。

IPAファイルを生成する手順とまったく同じなので、その手順書としても使えます。

アーカイブ

  1. Xcodeを起動し、画面左上の端末で「Any iOS Device (arm64)」を選択します。
    スクリーンショット_2021-04-09_15_47_44.png
  2. 「Product > Archive」を選択します。
    スクリーンショット_2021-04-09_15_50_37.png

エクスポート

  1. アーカイブが完了するとOrganizerが自動で開きます。
    「Distribute App」をクリックします。
    スクリーンショット_2021-04-09_15_56_15.png
  2. 配布の種類を選択します。
    今回は「App Store Connect」を選択し、「Next」をクリックします。
    スクリーンショット_2021-04-09_15_56_39.png
  3. アップロードかエクスポートを選択します。
    今回は「Export」を選択し、「Next」をクリックします。
    App Store Connectにアップロードする場合は「Upload」を選択してください。
    スクリーンショット_2021-04-09_15_56_53.png
  4. 特に変更せず「Next」をクリックします。
    スクリーンショット_2021-04-09_15_57_20.png
  5. 署名を自動/手動でするか選択します。
    今回は手動で署名するので「Manually manage signing」を選択し、「Next」をクリックします。
    スクリーンショット_2021-04-09_15_57_34.png
  6. 証明書とProvisioning Profileを選択し、「Next」をクリックします。
    スクリーンショット_2021-04-09_15_58_02.png
  7. Provisioning Profileが選択肢にない場合、「Import Profile...」を選択してローカルからインポートします。
    スクリーンショット_2021-04-09_15_58_19.png
  8. 内容を確認し、「Export」をクリックします。
    スクリーンショット_2021-04-09_15_58_35.png
  9. エクスポート先を選択し、「Export」をクリックします。
    スクリーンショット_2021-04-09_15_58_46.png
  10. フォルダ内に ExportOptions.plist があればOKです!
    IPAファイルも生成されているので、必要に応じて使ってください。
    スクリーンショット_2021-04-09_16_58_10.png

ExportOptions.plistの中身

ExportOptions.plist の中身を確認します。

ExportOptions.plist
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
    <key>destination</key>
    <string>export</string>
    <key>method</key>
    <string>app-store</string>
    <key>provisioningProfiles</key>
    <dict>
        <key>com.theuhooi.UhooiPicBook</key>
        <string>UhooiPicBook_develop_AppStore</string>
    </dict>
    <key>signingCertificate</key>
    <string>XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX</string>
    <key>signingStyle</key>
    <string>manual</string>
    <key>stripSwiftSymbols</key>
    <true/>
    <key>teamID</key>
    <string>XXXXXXXXXX</string>
    <key>uploadBitcode</key>
    <true/>
    <key>uploadSymbols</key>
    <true/>
</dict>
</plist>

先ほど指定した内容が文字列で反映されており、テキストエディタで開けば読めることがわかります。
慣れれば手動で作成や修正できます。

おわりに

ExportOptions.plist を作成できました!
これでiOSアプリのCD環境を構築できます。

20
10
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
20
10