AWS CLIでS3を操作するコマンドの一覧です。
AWS CLIのセットアップについてはこちらの記事をご覧ください。

環境

  • OS:macOS High Sierra 10.13.1
$ aws --version
aws-cli/1.14.36 Python/3.5.0 Darwin/17.2.0 botocore/1.8.40

aws s3 のコマンド一覧(抜粋)

コマンド 説明
aws s3 ls バケットの一覧を表示する
aws s3 ls s3://{バケット名}/{パス} バケットの内容を表示する
aws s3 mb s3://{バケット名} バケットを作成する
aws s3 rb s3://{バケット名} バケットを削除する(空でない場合は削除されない)
aws s3 rb s3://{バケット名} --force バケットを削除する(空でなくても削除される)
aws s3 sync {フォルダパス} s3://{バケット名}/{パス} バケットの内容をローカルのフォルダと同期する(追加・更新のみで削除されない)
aws s3 sync {フォルダパス} s3://{バケット名}/{パス} --delete バケットの内容をローカルのフォルダと同期する(削除もされる)
aws s3 cp {ファイルパス} s3://{バケット名}/{パス} ローカルのファイルをバケットにコピーする
aws s3 mv {ファイルパス} s3://{バケット名}/{パス} ローカルのファイルをバケットに移動する
aws s3 rm s3://{バケット名}/{ファイルパス} バケットのファイルを削除する
aws s3 rm s3://{バケット名}/{フォルダパス} --recursive バケットのフォルダを削除する

sync cp mv はローカルからS3のみでなく、S3からローカル、S3からS3もファイルをやりとりできます。
個人的には sync がファイル・フォルダを一括で追加・更新・削除できるので便利だと思います。

参考リンク

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.