LoginSignup
459
443

More than 5 years have passed since last update.

AWS CLIでS3を操作するコマンド一覧

Last updated at Posted at 2018-02-14

AWS CLIでS3を操作するコマンドの一覧です。
AWS CLIのセットアップについてはこちらの記事をご覧ください。

環境

  • OS:macOS High Sierra 10.13.1
$ aws --version
aws-cli/1.14.36 Python/3.5.0 Darwin/17.2.0 botocore/1.8.40

aws s3 のコマンド一覧(抜粋)

コマンド 説明
aws s3 ls バケットの一覧を表示する
aws s3 ls s3://{バケット名}/{パス} バケットの内容を表示する
aws s3 mb s3://{バケット名} バケットを作成する
aws s3 rb s3://{バケット名} バケットを削除する(空でない場合は削除されない)
aws s3 rb s3://{バケット名} --force バケットを削除する(空でなくても削除される)
aws s3 sync {フォルダパス} s3://{バケット名}/{パス} バケットの内容をローカルのフォルダと同期する(追加・更新のみで削除されない)
aws s3 sync {フォルダパス} s3://{バケット名}/{パス} --delete バケットの内容をローカルのフォルダと同期する(削除もされる)
aws s3 cp {ファイルパス} s3://{バケット名}/{パス} ローカルのファイルをバケットにコピーする
aws s3 mv {ファイルパス} s3://{バケット名}/{パス} ローカルのファイルをバケットに移動する
aws s3 rm s3://{バケット名}/{ファイルパス} バケットのファイルを削除する
aws s3 rm s3://{バケット名}/{フォルダパス} --recursive バケットのフォルダを削除する

sync cp mv はローカルからS3のみでなく、S3からローカル、S3からS3もファイルをやりとりできます。
個人的には sync がファイル・フォルダを一括で追加・更新・削除できるので便利です。

参考リンク

459
443
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
459
443