Help us understand the problem. What is going on with this article?

R言語 - リッチなバーチャート "pirateplot"

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

バーチャートだけだと何か物足りない、という場合に使ってみたいプロット関数 "pirateplot" をご紹介します。"pirateplot" による描画では、データの分布をバーチャート上に描画する事ができます。

本Tipsで使用するシナリオ

本Tipsで使用するシナリオは、ITプロジェクトにおけるプロジェクトマネージャーのレベル別の平均単価の推移を表現しています。ソースデータのフォーマットは次の通りです。このフォーマットのデータを、ファイル名"data.txt"で作業ディレクトリに格納しています。

列の名称 列の説明 データタイプ
ProjectName 案件の名称 文字列
EndUser お客様の企業名称 文字列
ProjectManager プロジェクトマネージャーの名前 文字列
PMLevel プロジェクトマネージャーのレベル 数値
FY 年間の売上高(円) 数値

▼サンプルスクリプト

R
# 作業ディレクトリの指定
setwd( "working_dir" )

# ライブラリの読み込み
library( "devtools" )
install_github( "ndphillips/yarrr" )
library( "yarrr" )

# データファイルの読み込み
data <- read.table( "data.txt", sep = "\t",header = T )

# グラフの描画
pirateplot(formula = FY ~ PMLevel,
          data = data,
          xlab = "プロジェクトマネージャーレベル",
          ylab = "案件別平均単価",
          main = "2013年\nプロジェクトマネージャー別\n案件別平均単価",
          pal = "google",
          point.o = .2,
          line.o = 1,
          theme.o = 2,
          line.lwd = 10,
          point.pch = 16,
          point.cex = 1.5,
          jitter.val = .1,
          ylim = c(0, 60)
          )
axis(side = 1, labels = F)
axis(side = 2, labels = F)

実行結果

image

リファレンス

http://nathanieldphillips.com/2016/04/pirateplot-2-0-the-rdi-plotting-choice-of-r-pirates/

uchim
発言は個人の意見であり、所属団体を代表するものではありません。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away