Edited at

R言語 - リッチなバーチャート "pirateplot"

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

バーチャートだけだと何か物足りない、という場合に使ってみたいプロット関数 "pirateplot" をご紹介します。"pirateplot" による描画では、データの分布をバーチャート上に描画する事ができます。


本Tipsで使用するシナリオ

本Tipsで使用するシナリオは、ITプロジェクトにおけるプロジェクトマネージャーのレベル別の平均単価の推移を表現しています。ソースデータのフォーマットは次の通りです。このフォーマットのデータを、ファイル名"data.txt"で作業ディレクトリに格納しています。

列の名称
列の説明
データタイプ

ProjectName
案件の名称
文字列

EndUser
お客様の企業名称
文字列

ProjectManager
プロジェクトマネージャーの名前
文字列

PMLevel
プロジェクトマネージャーのレベル
数値

FY
年間の売上高(円)
数値

▼サンプルスクリプト


R

# 作業ディレクトリの指定

setwd( "working_dir" )

# ライブラリの読み込み
library( "devtools" )
install_github( "ndphillips/yarrr" )
library( "yarrr" )

# データファイルの読み込み
data <- read.table( "data.txt", sep = "\t",header = T )

# グラフの描画
pirateplot(formula = FY ~ PMLevel,
data = data,
xlab = "プロジェクトマネージャーレベル",
ylab = "案件別平均単価",
main = "2013年\nプロジェクトマネージャー別\n案件別平均単価",
pal = "google",
point.o = .2,
line.o = 1,
theme.o = 2,
line.lwd = 10,
point.pch = 16,
point.cex = 1.5,
jitter.val = .1,
ylim = c(0, 60)
)
axis(side = 1, labels = F)
axis(side = 2, labels = F)



実行結果


リファレンス

http://nathanieldphillips.com/2016/04/pirateplot-2-0-the-rdi-plotting-choice-of-r-pirates/