Edited at
FileMakerDay 15

【FileMaker】SQL言語で使うFileMaker

More than 3 years have passed since last update.

FileMakerでもSQL言語、ばっちり使えます。

例えば、単純ですがMySQLのデータをFileMakerに取り込むことを考えます。

このとき、必要なフィールドと条件を指定すると、FileMakerでのみ必要なデータが取得できるので、ファイルの肥大化が防げます。

単純にMySQLにカテゴリーが登録されているとします。

FileMakerで必要なのは、カテゴリーidとカテゴリー名。

MySQLのテーブルにたくさんのフィールドがあるけれど、これしか使わない、というケースです。

ODBC設定がされているのを前提に、「ファイル>レコードのインポート>ODBCデータソース」を選択。

すると、csvからデータをインポートするのと同じ感覚でMySQLのデータがインポートできます。

違うのは、ODBCを使ってSQLで詳細な抽出ができるというところ。

必要なフィールドのみ。

必要な条件のみ。

もちろん、昇順降順も指定できます。

そして、「実行」すると。

きました。

どのフィールドに設定するかはいつもの通りドラッグして調整します。

はい、必要なデータだけ抽出できました。

こんな感じで条件を細かく指定して外部データソースから簡易にデータ抽出できるのは、どんどん使っていきたいですね!

また、条件を指定するのではなく、ODBCデータソースを指定するときに「ビュー」も指定すると、外部データソース(MySQLとか)で構築されているビューもインポートできますので、データの再現をするにはもってこいです。

スクリプトでもSQLを指定できるので、それも小ネタにしたいと思いつつ、時間切れです!

では、また!