Help us understand the problem. What is going on with this article?

KibanaでUiPath Orchestratorデータの出し入れ

More than 1 year has passed since last update.

前提

elasticsearch ⇔ elasticsearch間のデータバックアップ/復元については、
便利な記事があるものの、

kibana  ⇔  kibana間のデータバックアップ/復元については、Webに情報が見受けられない

※[追記7/18]kibana設定のエクスポート/インポートは採掘

Uipath Orchestratorのログのデータを対象に、上記実施する。
【実験的な機能も触っており、あくまで試行錯誤のログです】


環境

項目 内容
kibana 7.1
elasticsearch 7.1
ライセンス basic

エクスポート

トップで表示される画面ですが、
画面左上「Discover」でない場合、時計のアイコンクリック

image.png

期間を指定して[UPDATE]、
「SAVE」で検索結果を保存

image.png

[SAVE]右の[Open] > [Manage searches]
image.png

[Export]から[SAVE]したオブジェクトをエクスポート
image.png

※ConsoleからあるIndexのデータを全容取ることを考えましたが、Elasticsearchをクエリで叩き、jsonデータをもってくることができず、断念。。。

インポート

kibanaでデータインポートを行う場合、
1)エクスポートと同様に、Management > Saved Objects から行う

image.png

2)( 1と別パターン)Machine Learnning  > Upload file
image.png

json or CSV or TSVファイルを指定
image.png

画面左下、[Import]をクリック
image.png

indexパターン新規作成 or notを選択
※indexパターンを新規作成すると、indexも同名で作成される

image.png

インポートが完了する
image.png

2通りのインポートのうち
後者ではCSV、TSVのインポートも可能

備考

・エクスポートの手順で吐き出されたjsonの中身をみていると、メタデータが出力されるようで、
indexの値が取得できているか確認中

・確実にindexの値を出力するにはelasticdumpで出力するのがよさそう。
json整形の手間が省ける

・Uipath Orchestratorについては、監査ログはCSVで出力可能で、インポートを実証。
SQL Server のLogテーブルの値については未実証。

tyoko
SFC(2016出所)→都内 ニッチな作業ログを残します notebook形式が✋馴染む...
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away