Edited at

【GitHub】コードレビューツールのPull Pandaを一部触ってみた


はじめに

Microsoft傘下のGitHubがPull Pandaを買収したことで無償利用できるようになったという記事を読んで、実際にインストールして試してみました。:edit-request:

Pull Panda is joining GitHub!


Pull Pandaとは

Pull Pandaとはコードレビューワークフローを効率化するためのツールで主に下記3つの機能があります。


  • Pull Reminders

    レビュー要求を通知するツール


  • Pull Analytics

    コントリビューター情報やプルリク情報を可視化するツール


  • Pull Assigner

    コードのレビュー割り当てを自動化するツール


スクリーンショット 2019-06-18 22.46.58.png


触ってみた

※Pull AssignerはGit Hubでteamsを作成する必要があり試せていないです。

こちらからログインしてGitHubやslackの連携をします。

※Personal accountsはサポートされておらず、organization accountsのみでした。


Pull Analytics


PRのサマリ情報

スクリーンショット 2019-06-18 22.52.08.png


OPENになっているPR一覧

スクリーンショット 2019-06-18 22.52.36.png


OPENになっている古いPRとマージまで時間の掛かったPR

スクリーンショット 2019-06-18 22.58.13.png


Pull Reminders

設定することでslackにリマインダーを送ることが可能です。


Team全体のリマインダー

スケジュールと通知する内容を設定できます。

スクリーンショット 2019-06-18 22.54.29.png

プルリクを作成した際の通知です。

スクリーンショット 2019-06-18 22.35.43.png


個別のリマインダー

こちらはslackでDMが届くようになります。

スクリーンショット 2019-06-18 22.54.04.png


感想

リマインダー機能に関しては便利だと感じました。

ただ、Analyticsに関しては自分はそこまで使用しないと思います。

作成したプルリクやアサインされているプルリクに関してはGit Hubのほうが分かりやすかったです。

スクリーンショット 2019-06-18 23.27.00.png

Microsoftが買収してからGitHubのプライベートリポジトリ無料やSponsors機能できたりどんどん便利になっているので、とても楽しいです:qiitan: