SENSYDay 2

Ubuntu16.4でサクッとETHを掘ってみた(秒でできるお)

More than 1 year has passed since last update.


GPUサーバーがあったら掘ってみたい

機械学習に使うGPUサーバー。アイドリングしている時には、流行りの暗号通貨マイニングに使えるのでは?ということで、Ubuntu16.4インストールのサーバーでサクッとマイニングして流行りの暗号通貨マイナーになる方法です。

秒速でできます。


Nvidia Driverのインストール(ドライバセットアップしてない場合)

Nvidiaのダウンロードサイトから自分のGPUに合ったドライバーをダウンロードします。

何が刺さってたっけ?となる場合はこちらでわかります。

lspci -nn | grep '\[03'

ダウンロードしたものを走らせます。(バージョン等変わるので注意)

chmod +x NVIDIA-Linux-x86_64-384.98.run

sudo ./NVIDIA-Linux-x86_64-384.98.run

再起動します

sudo reboot

ドライバを確認します

nvidia-smi

で特にエラーがなければ次のステップへ。

GPUの使用状況とかがわかります。


Ethereumクライアントをダウンロード

sudo apt-get install software-properties-common

sudo add-apt-repository ppa:ethereum/ethereum
sudo apt-get update

マイニングには簡単にEthminerを使いますのでこちらもインストール

sudo apt-get install ethereum ethminer geth

ここまでで、Ethereumクライアントのgethが使えるようになっているはずです。マイニングするにはアカウント(というかアドレス)を作る必要があります。

こちらも簡単。

geth account new

パスワードを入力するわけですが、このパスワード忘れたら掘ったETHは永遠に失われます。気をつけましょう。

Address: {自分のアドレス}

このアドレスが自分のウォレットアドレスです。こちらもメモとって置くといいでしょう。


マイニングプールに参加して掘る

ソロでマイニングしても、まあ掘れることはありません。

多数のコンピュータが集合しているマイニングプールに参加してマイニングすると計算量に応じてその分け前に預かれます。こちらも一行でできます

ethminer -F http://eth1.nanopool.org:8888/0x16ca14300510b0bade1f892e80595a5aba15c3ad/test1/yutaka.kobayashi@todai-dream-net.com -G

さて、それぞれの説明です



ethminer -F http://eth1.nanopool.org:8888/(0x+WALLET_ID)/(woker_name)/(mail_address) -G



  • -G GPUを使って計算するということ。なければCPUでのマイニングになります


  • -F Fの後に接続先URLの指定が入ります。

  • 自分のwallet_id(アドレス)の先頭に0xを追加したもの

  • worker_nameということで複数台マシンを使う時などの命名区別をします。ここではtest1にしました

  • mail_address自分のメールアドレスですね。マイニング停止した時に通知を送ってくれます

マイニング状況は

https://eth.nanopool.org/account/0x(wallet_id)

で確認できます。