Edited at

brewでRictyがインストールできない!


2019/10/20 追記

使えるようになったようです。

メンテナさんありがとうございました!


はじめに

macでCatalinaがリリースされましたね!

皆さんはインストールしましたか??

私はリリース翌日にインストールしましたが、32bit対策を事前にしていたので、特に問題なく利用できています。

私は新しいmacOSがリリースされるたびにクリーンインストールをしていますが、brewでRictyをインストールした際にエラーが出たので、同じ症状に悩む人がいる可能性も考えて執筆しました。

結論を言うと何も解決できていません。

自分だけじゃないのか!と安心してください。


症状

下記コマンドを実行するとエラーが出る。


command

$ brew tap sanemat/font

$ brew install sanemat/font/ricty
Updating Homebrew...
==> Installing ricty from sanemat/font
==> Downloading http://www.rs.tus.ac.jp/yyusa/ricty/ricty_generator-4.1.0.sh
==> Downloading from https://www.rs.tus.ac.jp/yyusa/ricty/ricty_generator-4.1.0.sh

curl: (22) The requested URL returned error: 403 Forbidden
Error: An exception occurred within a child process:
DownloadError: Failed to download resource "ricty"
Download failed: http://www.rs.tus.ac.jp/yyusa/ricty/ricty_generator-4.1.0.sh



調査結果

403Forbiddenが出ているので、アドレス先の有効性について調査。

http://www.rs.tus.ac.jp/

上記URLは東京理科大学教職員のHPらしい。アクセス可能

http://www.rs.tus.ac.jp/yyusa/

上記URLは東京理科大学に所属している遊佐泰紀助教のページらしいが、現在アクセス不可となっている。

researchmapで調べてみると2019年9月まで東京理科大学の嘱託助教と記載があるので、御退任された可能性がある。

そのため、東京理科大学上に置かれているシェルスクリプトにアクセスできなくなり、Download failedとなったと考えられる。


結論

brewでRictyをインストールする際のシェルスクリプトが大学教員が作成したシェルスクリプトであったが、御退任に伴い、アクセス不可となった。

brew側にそれを伝える方法があればコメントください。