LoginSignup
1

More than 1 year has passed since last update.

The first and best victory is to conquer self.

Advent Calendar 2022 20日目1の記事です。
I'm ready for 12/25,2022 :santa::santa_tone1::santa_tone2::santa_tone3::santa_tone4::santa_tone5:
I'm looking forward to 12/25,2022 :santa::santa_tone1::santa_tone2::santa_tone3::santa_tone4::santa_tone5:
I can't wait for 12/25,2022 :santa::santa_tone1::santa_tone2::santa_tone3::santa_tone4::santa_tone5:
私のAdvent Calendar 2022 一覧。


はじめに

Elixirを楽しんでいますか:bangbang::bangbang::bangbang:

Elixirの誕生日:birthday:について書きます。

Elixirの誕生日:birthday:をめぐる旅

Elixirの誕生日を探しに行きます。

First commit

昨日2022/01/19(水)のEDI#11:「Elixir生誕10周年」を盛り上げるLTや企画を持ち寄って新年会しよッ!にて、

を読みました。

記事中に最初のコミットへのリンクがあります。

2011-01-09
すべてはここから始まりました。

$\huge{First\ commit.}$

README
# Elixir

Nothing interesting here yet. Try again later.

次に新しいプロジェクトを作るときはこれをテンプレにしようとおもいます。

私は形から真似をしていきます。
偉大なソフトウェアに成長することを願い、我が子の健やかなる成長を願うように、思いを込めてプロジェクト名だけを記す。
名前は大事2です。
名は体を表します。
その後は、Try again later.

余談ですが01/09がどんな日かというと、宗猛、宗茂兄弟 :runner::runner_tone1::runner_tone2::runner_tone3::runner_tone4::runner_tone5:の誕生日です。

Elixirの誕生日 |> 2012年5月24日

それは、2012年5月24日です。

@zacky1972 先生の「Enum関数とパイプライン演算子からなるプログラミング「パラダイム」の起源: シリーズ「Elixirの歴史のインタビュー - Elixirの10周年を祝って」(1)」という記事の中で、José Valimさんからお聞きした話として紹介されています。

ちなみに2012年5月24日付近のElixirのタグを調べてみますと、v0.5.0がでてきます。

$\huge{Release\ 0.5.0\ \o/}$

ここが誕生の瞬間なのでしょう。
$\huge{歴史の瞬間なのでしょう!!!}$

ちなみに05/24が誕生日の著名人は、ウルグアイ出身のサッカー選手で20世紀の偉大なサッカー:soccer:選手100人にも選出されたホセ・ナサシ元帥です。

ファイナルファンタジー?

ちなみに、ElixirやPhoenixなど、いかにもファイナルファンタジーを想起させる名前です。
そのためJosé Valimさんがファイナルファンタジーの大ファンなのかとおもいきや、José Valimさん自身はプレイしたことがないそうです。
@zacky1972 先生からお聞きしました。
私がその話を聞いたのは3年くらい前のことです。
その後、ファイナルファンタジーをJosé Valimさんがプレイしたという話を私は知りません。
このへんの情報をお持ちの方はぜひお知らせください :pray::pray_tone1::pray_tone2::pray_tone3::pray_tone4::pray_tone5:


Wrapping up :lgtm::lgtm::lgtm::lgtm::lgtm:

Enjoy Elixir:bangbang::bangbang::bangbang:
Elixirの誕生日は、2012年5月24日です。

$\huge{Enjoy\ Elixir🚀}$

iex> Date.diff(~D[2022-05-24], ~D[2022-01-20])
124

2022年に流行る技術予想 ーー それは、Elixirです:rocket::rocket::rocket:


Elixir

最後の最後に、Elixirについて紹介します。

  • |>でスイスイ、プログラミングしていくことができる素敵なプログラミング言語です
  • さっそくプログラムの例を示します
  • Qiita APIを使わせていただいて、Elixirタグがついた最新の記事を20件取得しています
  • ここでは雰囲気をつかんでいただければ大丈夫です
Mix.install [{:req, "~> 0.2.1"}]

"https://qiita.com/api/v2/items?query=tag:Elixir"
|> URI.encode()
|> Req.get!(finch_options: [pool_timeout: 50000, receive_timeout: 50000])
|> Map.get(:body)
|> Enum.map(& Map.take(&1, ["title", "url"]))

コミュニティ

  • elixir.jp Slack workspaceに参加してみてください
    • マヂ、やさしい人ばっかりのコミュニティ
    • あなたの困ったをきっと解決してくれるでしょう
  • NervesJP Slack workspaceでは、NervesやIoTが好きな愉快なfolksたちがあなたの訪れを歓迎します :tada:
  • たくさんのコミュニティがあります

FCOvBkAUYAE6mL8.jpeg

(@piacerex さん作 :pray::pray_tone1::pray_tone2::pray_tone3::pray_tone4::pray_tone5:)

もっとElixirのことを知りたい方へオススメの書籍 :books:

Elixirコミュニティに初めて接する方は下記がオススメです

Elixirコミュニティ の歩き方 -国内オンライン編-

https://speakerdeck.com/elijo/elixirkomiyunitei-falsebu-kifang-guo-nei-onrainbian

image.png


I organize autoracex.
And I belong to NervesJP, fukuoka.ex, EDI.
I hope someday you'll join us.

We Are The Alchemists, my friends!

  1. @kaizen_nagoya さんの「「@e99h2121 アドベントカレンダーではありますまいか Advent Calendar 2020」の改訂版ではありますまいか Advent Calendar 2022 1日目 Most Breakthrough Generator」から着想を得て、模倣いたしました。 ↩

  2. リーダブルコード――より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック(O'Reilly):book:では「名前に情報を詰め込む」という章と「誤解されない名前」という2つの章があります。全体は15章から構成される本の中で2つも名前に言及した章があります。名前は大事です。ちなみに、私は名乗るほどのものではございませんが、Awesome YAMAUCHIと申します。 ↩

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
1