search
LoginSignup
0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

Elixir その2 Advent Calendar 2020 Day 10

posted at

updated at

Organization

1 = a (プログラミングElixir 第2版)

この記事は Elixir その2 Advent Calendar 2020 10日目です。
前日は HEX_HTTP_CONCURRENCY=1 HEX_HTTP_TIMEOUT=120 mix deps.get (Elixir) でした。


x = a + 1
  • これをみたときに、a + 1の値をx代入するという見方をする自分がいる
  • 20年ほど前にプログラミングの授業で最初に感じた違和感
  • いつしかその違和感はすっかり忘れてしまっている
  • その違和感をもう一度引っ張り出してかなぐり捨てて、小学校や中学校で習ったときと同じようにxa + 1は同じ値であるとみてみよう
  • そんなふうに=をみれたら、もうあなたはパターンマッチの達人なのです

プログラミングElixir 第2版が発売されています。

EoohLj8VgAAvhTJ.jpeg

  • これからElixirをはじめてみようという方にダントツにオススメできる本です
    • そこそこ慣れてきた方にもオススメです!
    • たとえばEnumモジュールと仲良くなれて、Elixir に自信がついてきたころにもう一度読むとさらに新しい発見と出会えるーー何度も読み返したい一冊です
    • 私は、このプログラミングモデルの力と美しさについての思想を贈りたい。読者をその気にさせ、それから足りない部分を埋めるオンラインの資料の在り処を示すつもりだ。1
  • 旧版と比べてサイズがちょっと大きくなって、カラーになってみやすくなっています
  • 旧版をお持ちの方は @MzRyuKa さんのツイートに差分がまとめられていますのでぜひご参照ください
  • 最初に書いたものは3章まで読んで心に残ったことを心の赴くままに自分の言葉で書いてみたことです
  • タイトルの1 = aはイゴきます
  • みなさん、ぜひお手にとってElixirを楽しんでいきましょう! :rocket::rocket::rocket:
$ iex
Erlang/OTP 23 [erts-11.0.1] [source] [64-bit] [smp:4:4] [ds:4:4:10] [async-threads:1] [hipe]

Interactive Elixir (1.11.2) - press Ctrl+C to exit (type h() ENTER for help)
iex(1)> a = 1
1
iex(2)> 1 = a
1
iex(3)> 

他の方の「書評」


  1. プログラミングElixir 第2版 「はじめに(正当化のむなしい試み、再び)」 より 

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?