UnityからTwitter APIを叩くライブラリをつくっている

  • 33
    いいね
  • 0
    コメント

Unity C#でTwitter APIを叩くライブラリを作ってみています。完全に作成中ですが、ひとまず人の目に触れる場所にアップしてみることにしてみました。

Twitter for Unity (beta)
https://github.com/toofu37/twitter-for-unity

2017/5/2 追記

namespaceの名前を変えたりStreaming APIに一部対応したりしたので記事修正しました。

なんで?

  • Oculus Riftを買ったので、VR上でTwitterをやりたい
  • Let's Tweet In Unity というAssetがあるけれど、これはPOST statuses/update のみのライブラリなので、もっと汎用的に使えるライブラリがほしい
  • 上記AssetはWWWクラスを使っているけど、UnityWebRequestとJsonUtilityでもうちょっと使いやすくなるかなと思った
  • Node.jsの twit みたいな感じで、適当にパラメータ入れて叩けるようにしたい
  • API叩く勉強

使っている様子

現状

  • きちんとしたテストはしてないけど、だいたいのREST APIは叩けそう。
  • 画像のアップロードは未実装。
  • Streaming APIは一部実装(statuses/filterとstatuses/sampleは叩けるはず)

使い方

GitHubに書いてるとおりですが、以下のような感じです。
投げるパラメータはそれぞれ https://dev.twitter.com/rest/reference などをご確認ください。

初期化

https://dev.twitter.com でAppを作成して、各種アクセスキーを取得して以下のように記載してください。

public class EventHandler : MonoBehaviour {
  void Start () {
    Twitter.Oauth.consumerKey       = "...";
    Twitter.Oauth.consumerSecret    = "...";
    Twitter.Oauth.accessToken       = "...";
    Twitter.Oauth.accessTokenSecret = "...";
  }  
}

使用例

GET search/tweets

特定のキーワード(q)でツイートを検索する。

void Start() {
  Dictionary<string, string> parameters = new Dictionary<string, string>();
  parameters ["q"] = "search word";       // 検索ワード
  parameters ["count"] = 30.ToString();   // 取得するツイート数
  StartCoroutine (Twitter.Client.Get ("search/tweets", parameters, this.Callback));
}

void Callback(bool success, string response) {
  if (success) {
    SearchTweetsResponse Response = JsonUtility.FromJson<SearchTweetsResponse> (response);
  } else {
    Debug.Log (response);
  }
}

GET statuses/home_timeline

自分のタイムラインの最新ツイートを取得する。

void Start() {
  Dictionary<string, string> parameters = new Dictionary<string, string>();
  parameters ["count"] = 30.ToString();   // 取得するツイート数
  StartCoroutine (Twitter.Client.Get ("statuses/home_timeline", parameters, this.Callback));
}

void Callback(bool success, string response) {
  if (success) {
    StatusesHomeTimelineResponse Response = JsonUtility.FromJson<StatusesHomeTimelineResponse> (response);
  } else {
    Debug.Log (response);
  }
}

POST statuses/update

ツイートする。

void Start() {
  Dictionary<string, string> parameters = new Dictionary<string, string>();
  parameters ["status"] = "Tweet from Unity";  // ツイートするテキスト
  StartCoroutine (Twitter.Client.Post ("statuses/update", parameters, this.Callback));
}

void Callback(bool success, string response) {
  if (success) {
    Tweet tweet = JsonUtility.FromJson<Tweet> (response); // 投稿したツイートが返ってくる
  } else {
    Debug.Log (response);
  }
}

POST statuses/retweet/:id

リツイートする。

// 「Unity」で検索してヒットしたツイート5件をリツイートする

void Start() {
  Dictionary<string, string> parameters = new Dictionary<string, string>();
  parameters ["q"] = "Unity";       // 検索ワード
  parameters ["count"] = 5.ToString();   // 取得するツイート数
  StartCoroutine (Twitter.Client.Get ("search/tweets", parameters, this.Callback));
}

void Callback(bool success, string response) {
  if (success) {
    SearchTweetsResponse Response = JsonUtility.FromJson<SearchTweetsResponse> (response);
    foreach (Tweet tweet in Response.statuses) { Retweet (tweet); }
  } else {
    Debug.Log (response);
  }
}

void Retweet(Tweet tweet) {
  Dictionary<string, string> parameters = new Dictionary<string, string>();
  parameters ["id"] = tweet.id_str; // リツイートするツイートのID
  StartCoroutine (Twitter.Client.Post ("statuses/retweet/" + tweet.id_str, parameters, this.RetweetCallback));
}

void RetweetCallback(bool success, string response) {
  if (success) {
    Debug.Log ("Retweet Done");
  } else {
    Debug.Log (response);
  }
}

Streaming API POST statuses/filter

「iPhone」を含むツイートがpostされるたびに反応する。

using Twitter;

Stream stream;

void Start() {
  stream = new Stream(Type.Filter);
  Dictionary<string, string> streamParameters = new Dictionary<string, string>();
  streamParameters.Add("track", "iPhone");
  StartCoroutine(stream.On(streamParameters, this.OnStream));
}

void OnStream(string response) {
  try
    {
      Tweet Response = JsonUtility.FromJson<Tweet>(response));
  } catch (System.ArgumentException e)
  {
    Debug.Log("Invalid Response");
  }
}

レスポンスの処理

TwitterJson.csにJsonUtilityでオブジェクト化するためのクラスが記載しています。REST APIを叩く場合は、どんなResponseが返ってくるかを https://dev.twitter.com/rest/reference から確認して、それに対応したクラスをつくる必要があります。ここを拡充すればもっとほしい内容がとれるはず。ただ返ってくるJSONの構造が入れ子になってたりループになってたり?複雑なので現状はこのようになっています。
リツイート、リプライ関連の情報がきちんととれていないので、アップデート予定です。

まとめ

趣味プログラミングの素人がつくったものなのでガバガバだと思いますが、これからアップデートしていくつもりなので、ご意見などあればいただけるとうれしいです。