Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
45
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

@tonkotsuboy_com

CreateJS 2.0が待望のES Modules対応。使い方とwebpackによるバンドル方法

「CreateJS」は、リッチコンテンツを制作するためのJavaScriptライブラリです(参考記事「CreateJS入門サイト - ICS MEDIA」)。リッチコンテンツ作成には便利なものの、ES Moduleに対応していないのがネックでしたが、次期バージョン2.0でES Moduleに対応します。その使い方とwebpackによるバンドル方法についてまとめました。

image.png

使用準備

まずはプロジェクトを初期化します。

プロジェクトの初期化コマンド
npm init -y

続いて、ES Moduleに対応したCreateJS 2.0のパッケージ「@createjs/easeljs」、「@createjs/tweenjs」をインストールします。

CreateJSのインストールコマンド
npm i @createjs/easeljs @createjs/tweenjs

バンドル用にwebpackをインストールします。

webpackのインストールコマンド
npm i -D webpack webpack-cli

インストール手順に不明であれば、次を参照ください

CreateJS系のモジュールをimport

webpackでStageTweenなどを読み込む場合は、次のようにします。

JavaScript
// EaselJS系の読み込み
import { Shape, Stage } from '@createjs/easeljs/dist/easeljs.module';
// TweenJS系の読み込み
import { Tween } from '@createjs/tweenjs/dist/tweenjs.module';

サンプルコードとバンドル

CreateJS でのトゥイーンの作成方法 - ICS MEDIA」のデモを元に、CreateJSのES Moduleを使って簡単なデモを作りました。

JavaScript
// EaselJS系の読み込み
import { Shape, Stage } from '@createjs/easeljs/dist/easeljs.module';
// TweenJS系の読み込み
import { Tween } from '@createjs/tweenjs/dist/tweenjs.module';

const stage = new Stage('myCanvas');

const circle = new Shape();
circle.graphics.beginFill('DarkRed').drawCircle(0, 0, 50);
stage.addChild(circle);

circle.x = 300;
circle.y = 200;

Tween.get(circle, {loop: true})
  .wait(300)
  .to({x: 740, y: 400, scale: 2}, 700)
  .to({x: 400, y: 0, scale: 1.4}, 1200)
  .to({x: 500, y: 300, scale: 3}, 1200)
  .to({x: 300, y: 200, scale: 1}, 700);

update();

// 毎フレームステージを自動更新する
function update() {
  stage.update();
  requestAnimationFrame(() => update());
}

webpackを用いてバンドルします(参考記事「設定ファイル不要のwebpack 4で、BabelやTypeScriptのゼロコンフィグのビルド環境を作ってみる - Qiita」)。

バンドルコマンド
npx webpack --mode production

デモが動作している様子

バンドルが成功し、デモが動作している様子がこちらです。

ソースファイルはこちらにアップロードしました。

最後に

CreateJSのES Module対応は長らく待ち望んでいた機能でした。早く正式リリースされますように。

なお、本エントリーにおけるCreateJSモジュールの確認バージョンは次のとおりです。

確認バージョン

  • @createjs/easeljs: 2.0.0-beta.2
  • @createjs/tweenjs: 2.0.0-beta.1
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
45
Help us understand the problem. What are the problem?