Markdown
ライブラリ
Swift
MarkdownView

Markdownとは

Qiitaの記事を書くときやGithubでREADME.mdを書くときに使う機会があると思います。

今回はそのMarkdownをSwiftで表示するライブラリを紹介します。

MarkdownView

ライブラリのリポジトリはこちら

CocoapodsとCarthageで導入出来ます。

CocoaPods

1.init

$ pod init

2.Podfileに記載

pod "MarkdownView"

3.インストール

pod install

Carthage

1.Cartfileを作成

$ touch Cartfile

2.Cartfileを編集

$ vim Cartfile

3.Cartfileに記載

github "keitaoouchi/MarkdownView"

4.ライブラリをビルド

少し時間が掛かります

$ carthage update --platform iOS

5.Linked Frameworks and Librariesに追加

Linked Frameworks and LibrariesにSkeletonView.frameworkを追加します

6.RunScriptに記載

/usr/local/bin/carthage copy-frameworks

Import Filesに記載

$(SRCROOT)/Carthage/Build/iOS/MarkdownView.framework

使い方

import UIKit
import MarkdownView

class ViewController: UIViewController {

    private let mdView = MarkdownView()

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        mdView.frame = view.bounds
        mdView.load(markdown: "# Markdown")
        view.addSubview(mdView)
    }
}

image.png

たったこれだけでMarkdownを表示することが出来ます。

QiitaのAPIなどで記事をMarkdownで取得することが出来ますので、そういった機会に活用できると思います(^_^)

Markdown内のURLをタップするとsafariを開く、のような動作もできるようですので詳しくはこちらを御覧ください