Xcode
iOS
Crashlytics
fabric

【iOS】新しくなったCrashlyticsの使い方 Fabric版(SDK導入編)

More than 3 years have passed since last update.

※本投稿は,iOS開発をある程度行っている方向けです。


あらすじ

先に,アカウント取得編を読んでから,見てください。


SDK導入編

1.Fabricをインストールすると,こんな画面が出てきます。

スクリーンショット 2015-02-05 9.24.44.png

2.ログインすると,.xcodeprojや.xcworkspaceファイルが出てきます。crashlyticsを導入したい.xcodeprojを選択します。.xcworkspaceの場合は,中に導入したい.xcodeprojを選択して下さい。

※cocoapodsを利用している方は,pods.xcodeprojに導入しない様に!!


スクリーンショット 2015-02-05 9.27.51.png

3.選択した後は,Crashlyticsをインストールします。規約とかは,適当に同意してくださいww

スクリーンショット 2015-02-05 9.28.43.png

4.次にこんな画面が出て来ます。ここからが面倒くさいwww 表示されているコマンドをコピーした上で [選択したプロジェクト]->[TARGETS]->[Build Phases]と開きます。

スクリーンショット 2015-02-05 9.29.05.png

5.左上の+マークをクリックして,[New Run Script Phase]を押します。すると,一番下に[Run Script]が生成されます。その中に先ほどコピーしたコマンドをペーストします。その後,一度ビルドします。(⌘+B)

スクリーンショット 2015-02-05 9.29.50.png

6.すると,アタッシュケースの絵が出てきます。それをドラッグ・アンド・ドロップでプロジェクトに入れます。中に,Crashlytics.frameworkとFabric.frameworkが生成されます。

スクリーンショット 2015-02-05 9.30.33.png

7.AppDelegate.mの中に次のコードを追加します。これで実行すると,導入完了です!!


AppDelegate.m

#import "AppDelegate.h"

#import <Fabric/Fabric.h>
#import <Crashlytics/Crashlytics.h>

@implementation AppDelegate

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary*)launchOptions
{
[Fabric with:@[CrashlyticsKit]];
return YES;
}


次回は,テスター配信編です。