Android
AndroidStudio

build.gradleに設定するAndroid SDKやbuildTools,versionCode等について

More than 3 years have passed since last update.

※ 2015/08/24 情報追記しました。

build.gradleでAndroid SDK, buldTools,versioncodeなどのバージョンとかって何書いたらいいの?って時に。基本的なことかもしれないけど、結構混乱するのでメモ。


build.gradle

android {

compileSdkVersion 19
buildToolsVersion "19.1.0"

defaultConfig {
applicationId "com.hoge.hogeapp"
minSdkVersion 14
targetSdkVersion 19
versionCode 1
versionName "1.0"
}
}



説明


compileSdkVersion

compileする API のバージョン。

Android L, Android 4系といったバージョンと紐付いています。

例)

API 20 -> Android 4.4W, L preview

API 19 -> Android 4.4.2

API 18 -> Android 4.3

SDK Managerを見れば、バージョンとAPIの対応が確認できます。

google I/Oで発表された最新のAPI 20には2種類ありますが、このうち4.4WはAndroid Wear用のAPIです。なので、今までのAPIにあるのに入ってないAPIがあるので、使う時は注意が必要です。

最新のバージョンになるべく合わせていくことが推奨されています。


buildToolsVersion

ビルドツール(Android SDK Build-tools)のバージョンです。

x.0.1のようにupdateされます。


minSdkVersion

対応する一番下位のAPIバージョンとなります。

現在流通している8割以上が対応している4.X系に対応している、14に設定することをおすすめします。


targetSdkVersion

アプリケーションが対応しているAPIのバージョンです。AndroidはAPIバージョンにより挙動が変わったりします。targetSdkVersionを設定することにより動作を担保するバージョンが指定できます。何も設定しない場合はminSdkVersionが適用されます。


versionCode,versionName


  • versioncodeはgoogle playにリリースする際に、ユニークにふるべき数字です。

    例えばversion codeを1でリリースした後に、緊急リリースをした場合、version codeを2にしなくては、google playにアップロードできません。なお、この数字はユーザーからは見えません。


  • versionName

    ユーザーから見えるバージョンです。

    例えば緊急リリースした場合でもこの数字は変更する必要はありません。しかるべきアップデートがあった場合にバージョンをあげます。