search
LoginSignup
1

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

[Excel]セルをクリックしたときに他のセルの値を変える(VBA無し)

これは夏休みの自由研究の一部を記事にしたものです。


こんな感じでクリックするとセルの値が変わります。VBAは使っていません。
選択動画.gif

いきなりお詫び

タイトルは少し語弊がありました。申し訳ありません。
正確には「セルをクリックしたように見せかけて他のセルの値を変える」です。
また、実際に同様の仕様を実装する場面があるのでしたらVBAで作った方が手軽で自由度も高いです。
VBAが使えない場面ではワンチャンあるかもしれませんがこれを実務で使用するのはあまりお勧めしません。
ネタと思って見ていただければ幸いです。

ネタバレ

見る人が見たらこの下の画像だけで分かります。以降は読まなくても大丈夫です。
ネタバレ1.png

解説

オプションボタンをセルの上に重ねているだけですね。
オプションボタンは開発タブから挿入できます。
また、リンクするセル(A15)を指定して、そのセルに書き込まれる数値をもとに条件付き書式で色を付けたり詳細データを引っ張ってきたりしています。
ただそれだけです。

ここで課題なのは1点。
オプションボタンの「◎」は列の非表示で見えなくすることができません。常に画面に表示されてしまいます。
ボタンを隠すにはちょっとしたコツが必要です。

それはウィンドウ枠の固定を使うことです。
ウィンドウ枠の固定は、スクロールをしても指定した行や列を常に表示してくれる機能ですが、見せたくない部分を逆に隠すことができます。

やり方は簡単で、見せたくない列や行を画面外に外してから固定化するだけです。
今回の場合、ボタンが配置されているA列~B列付近を隠したいので、A列とB列が隠れるように横スクロールしてから画面を固定します。
↓イメージ
ウィンドウ枠の固定動画.gif
これでボタンを隠すことができます。左に横スクロールしようとしてもウィンドウ枠の固定が働いてA列とB列だけは表示されません。
ボタンが見えないのでなんとなくセルをクリックしているように見えます。実際はオプションボタンをクリックしているんですね。
勘の鋭い方はもうわかるかもしれませんが、このやり方、表がシートの左端付近にないと使えません。あとC列とD列付近もクリックできてしまします。さらに言えばセルが触りづらいです、コピペが大変です。

ということで

使う場面は少ないですがどこかで活用出来たら幸いです。

その他の自由研究

[Excel]データを絞り込んで別シートに表示する(データ数が1万件以下の場合)

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1