Help us understand the problem. What is going on with this article?

Gmailでプレビューモードを使う

初めに

OutLookなどのメールソフトを使っている方々にとっては当たり前となっているプレビューモード

メールをいちいちダブルクリックして開かずにシングルクリックでメールの中身を見ることができるため、時間に追われるサラリーマンなどの方々にとっては重宝します。

しかしながら、Chromeに搭載されているGmailではできない。だから、
outlookや、thunderbirdにメールソフトを移行したという方も少なからずいるはずだ。

結論

長々と書いていて結局できませんでした。みたいなことは書きたくないので、先に結論を書いておく。
Gmailでもプレビューモードにすることはできる。

以下で、そのやり方を解説していく。

やり方

設定方法

これが、普通のGmailのウィンドウ

スクリーンショット 2019-04-18 10.14.19.png

スクリーンショット 2019-04-18 10.14.19.png

ここから歯車アイコンを選択して
スクリーンショット 2019-04-18 10.12.30.png

設定を押下してください。すると以下のようなウィンドウに遷移するので
スクリーンショット 2019-04-18 10.12.37.png

タブバーから詳細設定を選択してください。

そしたら、プレニューパネルという項目がありますので、これを有効にするにチェックしてください。
スクリーンショット 2019-04-18 10.12.44.png

スクリーンショット 2019-04-18 10.12.51.png

選択したら、画面をスクロールして「変更を保存」ボタンを押下します。
スクリーンショット 2019-04-18 10.12.57.png

画面分割のやり方

変更を保存を押下すると、一番初めの画面に戻ります。
スクリーンショット 2019-04-18 10.13.15.png

ここで、歯車アイコンの左に見慣れない記号があるので押下してみると
スクリーンショット 2019-04-18 10.13.22.png

分割なし、垂直分割、水平分割とあります。

分割なしは、一番初めのリスト状態のことですね。

垂直分割

垂直分割を選択すると画面はこのようになります。
スクリーンショット 2019-04-18 10.13.29.png

水平分割

水平分割を選択すると画面はこのようになります。
スクリーンショット 2019-04-18 10.13.40.png

最後に

プレビューモードは一見便利に見えますが、短所もあります。
それは、スパムメールについてです。

通常のメールの添付ファイルはダウンロードしないとひらけないのですが、
プレビューモードをONにしておくと、添付ファイルの内容をダウンロードすることなく見れてしまうのです。これが原因で大目玉を食らった記憶があります。

・宛先のわからないメールを開くときは細心の注意を払う。
・そういったメールを開いた後には、セキュリティソフトを走らせ、ウイルスの有無をチェックする。

以上です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした