Help us understand the problem. What is going on with this article?

TOPPERS/EV3RTの開発環境を整える

More than 3 years have passed since last update.

TOPPERS/EV3RTを使用し、C言語で開発する環境を構築する方法を紹介します。

そもそも、TOPPERS/EV3RTとは?

・TOPPERS/EV3RT(Real-Time platform for EV3)とは、メモリ保護機能付きRTOSであるTOPPERS/HRP2カーネルをベースとしたMindstorm EV3用の開発プラットフォームです。

・EV3RTを使って、CやC++などの開発言語でリアルタイム性の高いアプリケーションを開発することができます。

ETロボコン2015の公式ソフトウェアプラットフォームの1つとして採用されています。

名古屋大学 大学院情報科学研究科 高田研究室を中心に開発を進めています。

以上、TOPPERSページより引用しました。なお、ETロボコン2016でも公式ソフトウェアプラットフォームとして採用されているようです。

私の端末のOSがWindows10、開発言語はC、開発環境がTOPPERS/EV3RTなので、ここではWindouwsでの構築法になるのでご了承ください!

Cygwinの導入

まずはCygwinのサイトからインストーラをダウンロードします。
64bit版  →32bit版
ダウンロードしたら、インストーラ起動!
cygwin1.png

「次へ」を選択し、インストールの方法を選択します。インターネットが使えるなら、"Install from Internet"を選択して、「次へ」をクリックします。
cygwin2.png

その後、インストール先やダウンロードしたパッケージの保存先を設定します。私はデフォルトの設定のまま設定しちゃいました。(忘れっぽいので、任意の保存先にすると後々後悔しそう、という残念な理由です。。。)

パッケージをダウンロードするサイトを決めます。特に理由がなければ、安心と信頼の日本国内サイト(URL語尾が.jpのもの)からダウンロードするといいです。

cygwin3.png

今度はインストールするパッケージを選択します。必要なパッケージは以下の4つ!

  • gcc-core(バージョン4.9.0-1以降のもの)
  • make(バージョン4.0-2以降のもの)
  • diffutils(バージョン3.3-2以降のもの)
  • perl(バージョン5.22.1以降のもの)

どんな感じにやればいいのか、gcc-coreを選択する作業を通してご紹介します。

gcccore.png

画面上部にある検索窓に”gcc-core”と入力し、表示された一覧の中から、”Devel”を選択。その後表示される一覧から、”gcc-core:GNU Compiler Collection(C, OpenMP)”を何度かクリックし、最新のバージョンを表示させます。「次へ」はまだクリックしちゃダメ!!!!

こんな感じで、残り3つも選択します。

  • ”Make”で検索→”Devel”を選択→”make:The GNU version of the ‘make’ utility”の最新バージョンを表示させる。
    make.png
      

  • ”diffutils”で検索→”Utils”を選択→”diffutils:A GNU collection of diff utilities”の最新バージョンを表示させる
    diffutilts.png
      

  • ”perl”で検索→”Perl”を選択→”Perl programming language interpreter”の最新バージョンを表示させる
    perl.png

以上四つを選択してから(これ重要)「次へ」をクリックします。

インストールするパッケージを確認します。
「次へ」をクリックするとインストールが始まります。以上でCygwinの導入は完了です!

GCC ARM(GNU Tools for ARM Embedded Processors)のダウンロードとインストール

GCC ARMのサイトのダウンロードページからインストーラをダウンロードします。
gnu.png

ダウンロード後にインストーラを起動、言語選択画面で”English”を選択し、ライセンス確認画面までいきます。
gnu_lang.png

ライセンス確認画面では、” I accept the terms of the license agreement”にチェックを入れてから次へ進んでください。

その後、インストール先のディレクトリの設定・確認をすればインストールされます。
gnu_install.png
(こんな感じです、インストール先決めたら"Installをポチっと")

gnuset.png

インストールが完了すると上の画面のようになります。”Add path to environment variable”のみチェックを入れて(これとっても重要)、終了してください。

Cygwinを起動してarm-none-eabi-gcc -vとコマンドを入力し、自分がインストールしたバージョンが表示されればOK!ver_kakunin.png

U-Bootの導入

ARM Linux Mini Computersのサイト内で"Support"→"Download"と辿っていって、Cygwin用のmkimageのバイナリをダウンロードします。(辿って探すのが面倒な方はここからDLできます)

cygwinを起動し、Mkimage.tar.gzのあるディレクトリに移動します。Chrome以外のブラウザでダウンロードした場合は、移動後に以下のコマンドを実行します。

$ mv Mkimage.tar.gz Mkimage.tar.gz.gz
$ gzip -d Mkimage.tar.gz.gz

以下のコマンドでMkimage.tar.gzの解凍とコピーを行います。

$ tar zxvf Mkimage.tar.gz
$ cp mkimage.exe /usr/local/bin

以上でU-Bootの導入完了です!

開発プラットフォームEV3RTのダウンロードとインストール

TOPPERSのダウンロードページからEV3RTのパッケージをダウンロードします。
toppers_ver

現時点(2016/12/21)で最新のパッケージを
Zipフォルダを解凍し、プラットフォームパッケージ(hrp2.tar.xz)をC:/cygwin64にコピーします。コピーしたらCygwinを起動して、cygdrive/c/cygwin64へ移動します。

$ cd ../../
$ cd cygdrive/c/cygwin64

以下のコマンドでhrp2.tar.xzを解凍します。

$ tar xvf hrp2.tar.xz

以上で環境構築は完了です、お疲れ様でした!!

afrel
明るい未来づくりに向けて教育支援サービスを提供します。
http://afrel.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away