Help us understand the problem. What is going on with this article?

超シンプルな通知系gem「g」を試す

はじめに

以前参加したTama Ruby会議01のキーノート「白魔術師への道」というセッションの後半で「g」というGemが紹介されていたので試してみました。

動作環境

項目 内容
Ruby 2.6.5
MacOS 10.13.6
g 1.7.2
terminal-notifier 2.0.0

環境構築

いくつか方法はありますが、Gemを導入するだけなので以下の手順で完了です。
MacOSユーザー向けの通知Gemterminal-notifierもinstallします。

gem install g
gem install terminal-notifier

動作確認

使い方はデバッグなどで使う p と同じです。
実行するとMacの通知領域に Hello, World! と表示されます。

require 'g'
g 'Hello, World!'

g_001.png

長文が出力される場合も通知ウィンドウにカーソルを合わせて操作すれば全文を表示させることも可能です。
※1〜100の連番を表示させた例
スクリーンショット 2019-11-21 21.14.20.png

何に使う?

まさにpと同じで簡易的なデバッグに使うと非常に便利です。
当然RailsのControllerなどに仕込んでも動作するので、(それぞれの環境にもよりますが)画面を行き来することなく内容を確認できるのは非常に便利だと思います。

このGemは2013年のアップデートを最後にメンテナンスされていませんが、Rubyに深く依存するものではないので今後も長く使えることが期待できます。

参考リンク

告知

明日は、@tfactoryさんによる「IntelliJのプロファイラを使ってみた」です。
引き続き、GMOアドマーケティング Advent Calendar 2019 をお楽しみください!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした