Help us understand the problem. What is going on with this article?

Prometheusで永続化ディレクトリがpermission deniedになる時の対処法

問題

Prometheus公式のDocekrイメージを使い、以下の設定でPrometheusをデプロイ。

docker-compose.yml
volumes:
  - /data/prometheus:/prometheus

デプロイ後にログを確認すると、

err="opening storage failed: lock DB directory: open /prometheus/lock: permission denied"

というエラーでコンテナが停止していた。

原因

Prometheus公式のDockerfile

Dockerfile
...
RUN mkdir -p /prometheus && \
    chown -R nobody:nogroup etc/prometheus /prometheus

USER       nobody
EXPOSE     9090
...

/data/prometheusのディレクトリ情報 (例)

$ ls -l /data
drwxrwxr-x  3 user1 users 4096  5月 21 00:00 prometheus/

Dckerfileを見るとUSER nobodyが設定されている。
そのためnobodyユーザでディレクトリに書き込みが行われるが、
マウントした/data/prometheusディレクトリの所有者がnobodyではなかったためエラーになってしまった。

ちなみに、Prometheusコンテナの/prometheusディレクトリのパーミッションは、
デフォルトで以下のようになっている。

$ ls -l /
drwxr-xr-x    3 nobody   nogroup       4096 May 21 00:00 prometheus

解決策

1. 実行ユーザをrootに変更する

rootユーザでPrometheusを実行する。
rootユーザで書き込みが行われるためエラーにならないが、
コンテナに必要以上の権限を持たせてしまうためおすすめしない。

docker-compose.ymlにuser: rootを追記

docker-compose.yml
version: "2"
services:
  prometheus:
    image: prom/prometheus:v2.9.2
    container_name: prometheus
    user: root #追記
    ports:
      - 9090:9090
    volumes:
      - /data/prometheus:/prometheus

2. その他ユーザにread, write権限を追加する

誰でも読み書きできるようになってしまうので注意が必要。

chmodでパーミッションを変更

$ sudo chmod 777 /data/prometheus

3. ディレクトリの所有者を変更する

chownで所有者を変更

$ sudo chown nobody /data/prometheus

合わせてディレクトリのグループを管理者のグループに設定しておく。

$ sudo chgrp monitor /data/prometheus

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした