Linux
redhat

RedHatEnterpriseLinux 7.5 をDevelopmentUseで作りたい①

前置き

会社からの報奨金欲しさにRHSCA→RHCEを取得したくて始めました。
やり始めると、エンジニア魂なのかただの性格か、とことんやりたい。
やってるだけじゃ忘れるから、勉強がてらメモとしてQiitaに残していきます。

やりたいこと

無償のRHELを立てて、勉強環境を構築

環境

VirtualBox
- メモリ   1GB
- ディスク  16GB(8GBだと欲しいパッケージが入らないことが)くて…)
- ネットワークはNATとホストオンリーアダプター
→自分のPCからはssh出来て、ゲストからはインターネットに抜けれるように
- 共有フォルダ設定
  →ホストからのファイル転送を簡略化

OS
- RedHatEnterpriseLinux 7.5
→導入時の最新版
- Development Tools(開発環境)インストール

ざっくりこんなとこです。
足りないツール(digとか)は適宜補填。

RedHatの登録と入手

①Red Hat Developersに登録

まずはこれをやらないと始まらない。
Red Hat Developersにアクセス。
右上のLoginをクリック。
2018-10-13_16h58_17.png

同じく右上の「Register」か下の「Create one now.」をクリックして登録画面へ
2018-10-13_16h59_15.png

ユーザー名、Emailアドレス、パスワードを入力し、利用規約を確認。
「I have read and agree to the Red Hat Developer Program Terms & Conditions .」にチェック
「I would like to receive the Red Hat Developer Program newsletter. 」はお好みで。
「CREATE MY ACCOUNT」をクリックして登録。
2018-10-13_17h02_54.png

メールが届いたら「Link to e-mail address verification」をクリック
2018-10-13_17h12_44.png

メールアドレスが確認されて登録完了。
よくわかんないけど、右上の「Log in」を押すとそのままログインできます。
出来なければ登録したID/PWでログインしましょう。
2018-10-13_17h14_47.png

②サブスクリプションへの同意

まだRedHatのアカウントを取得しただけです。
続いて、サブスクリプションに登録します。
画面左上の「Customer Portal」をクリックてカスタマーポータルに移動します。
2018-10-13_17h23_39.png

そのまま「Subscription」をクリック(赤枠が見づらいので青矢印をつけてます。)
2018-10-13_17h26_39.png

別Webサイトなのでもう一度ログインが必要です。
アカウントは共通なので、先程Red Hat Developerで登録したアカウントでログイン。
2018-10-13_17h27_42.png

カスタマーポータル用に個人情報を登録します。
必要項目を入力したら送信を押しましょう。
※個人を選んでも会社情報が必須とな。。。
2018-10-13_17h34_04.png

2つの利用条件に同意し、提出をクリック
2018-10-13_17h38_32.png

これでRed Hatのサブスクリプションが利用可能になりました。
2018-10-13_17h42_56.png

③ISOファイルのダウンロード

ようやくダウンロードです。
上のダウンロードメニューをクリック
2018-10-13_17h42_56.png

今回はサーバを導入するので、「Red Hat Enterprise Linux」のメニューから「最新版のダウンロード(サーバー)」をクリック
2018-10-13_17h47_13.png

必要なバージョンとアーキテクチャを選択したら、欲しいファイルをクリックします。
今回はあると便利なRHEL7.5のBinary DVDを選択しました。(青矢印)
用途に応じて選びましょう。
2018-10-13_17h52_14.png

長い!w
さて、これで準備完了。
次回へ続きます。