Help us understand the problem. What is going on with this article?

【わんぽち参照】サイト閲覧ブラウザ・OS シェアを Re:dash 確認した話

株式会社オズビジョンのユッコ (@terra_yucco) です。
FF14 では絶賛絶バハムートと戯れ、漆黒版ギミック処理 Tips 何かを発信したりしていますが、全然技術発信をしていなかったのでこちらもまじめにやろうとした所存。

サマリ

Google Analytics を使ってやっている定期調査を Re:dash で見られるようにしたよ。結構汎用的な内容なので、クエリを共有してみるよ。ついでにおまけにクエリの組み方もつけたよ。

※なお、Google Analytics と Re:dash の連携については以下の Qiita 記事のお世話になりました。ありがとうございます。

クエリ

サイトのブラウザシェア (過去 30 日間)

?ids=ga%3AXXXXXXXX&start-date=30daysAgo&end-date=yesterday&metrics=ga%3Ausers&dimensions=ga%3AoperatingSystem%2Cga%3Abrowser&sort=-ga%3Ausers

運営サイトの SP OS シェア (Android/iOS) (過去 30 日間)

Android
?ids=ga%3AXXXXXXXXstart-date=30daysAgo&end-date=yesterday&metrics=ga%3Ausers&dimensions=ga%3AoperatingSystemVersion&sort=-ga%3Ausers&filters=ga%3AoperatingSystem%3D%40iOS
iOS
?ids=ga%3AXXXXXXXX&start-date=30daysAgo&end-date=yesterday&metrics=ga%3Ausers&dimensions=ga%3AoperatingSystemVersion&sort=-ga%3Ausers&filters=ga%3AoperatingSystem%3D%40Android

所感

  • Query Explorer なしで作るのは難易度が高い
  • Query Explorer があっても metrics と dimensions の概念を理解しないと何もかも取り出せるようにはならなさそう
  • 表示値の絞り込みは filter
  • Re:dash 側で python を使って以下のようにすれば、data 加工し放題でかなり業務効率化できるかも
query = '{query}'
data = execute_query('Google Analytics', query)
  • パラメータ化も普通にできる
    image.png

  • 定刻実行と ndaysAgo 記法は相性がいい!

注意点

  • 今書いているクエリのせいかもしれないけど、最後に改行入れちゃうとエラーになる image.png

終わりに

Google Analytics を Re:dash に繋ぎ込み、ダッシュボードで普段見ている値を出すのはとても簡単だけど、欲しい値をすぐに出せるようになるにはちょっと学習が必要そう。
Python を使えば他のデータソースと結合もできるので、RDS に保存しているデータとの突合や統計など、夢は広がります。


Appendix 作り方

1. Query Explorer を開く

  • 事前に Google Analytics にログインしておかないと永遠にロードが終わらない気がする
  • ログインしておけば勝手にアカウントが設定される image.png

2. Property と View を選ぶ

  • idsga:XXXXXXXX 部分はこれで勝手に設定される
  • 一応以下の画面に出てくる数字でもあるので、Query Explorer を使わなかったり、別の View に全く同じクエリを適用するときは、実クエリの ids 部分だけをそれで置き換えても良いかも image.png

3. start_date と end_date を設定

  • データを取得したい期間を設定
  • 日付で絶対指定も可能だし、定期実行する場合などは 30daysAgo yesterday などの相対的な表現も使える

4. metrics 以降必要な条件を設定

  • metrics は必須, 今回はどのクエリもユーザ数を見ているので ga:users を利用
    • 他にもいろいろなメトリクスがあるがヘルプを見るのが良さそう
  • dimensions は任意だが、今回はブラウザや OS のシェアを見るのでそれに応じたものを AutoFill から取得
  • sort で結果をソートできる。
    ドロップダウンでいろいろ指定できるが、ユーザ数降順なら -ga:users
  • filter で結果を絞り込む。OS のうち Android 内だけのシェアを見るには ga:OperatingSystem=@Android
  • segment, samplingLevel, include-empty-rows, start-index, max-results は今のところ使っていない

5. Run Query

以下のように結果が取れて
image.png
以下のように取得用のクエリ・API URI も出力される
image.png
この赤下線の部分をコピーし、データソースを Google Analytics にした Re:dash クエリで実行すれば結果が取れる。

terra_yucco
株式会社オズビジョンでサーバサイドエンジニアとして勤務しているユッコ (テラシマユウコ) です。IPA の情報処理技術者試験で資格を取りまくっていた時期があり FE/AP/SA/DB/ES/SC(旧区分時代:情報セキュリティスペシャリスト) を取得済。
ozvision
購買プラットフォーム「ハピタス」を開発・運営するベンチャー企業
https://www.oz-vision.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした