Posted at

yarn upgradeのあれこれ


公式ドキュメント

yarn upgrade | Yarn


いろいろなyarn upgrade

よく使うやつを紹介。


yarn upgrade

$ yarn upgrade [package | package@tag | package@version]



  • package.jsonで指定した範囲内の最新バージョンで更新する

  • 個別でパッケージを指定出来る


  • package.jsonは更新しない


yarn upgrade --latest

$ yarn upgrade --latest


package.json は最新バージョンの範囲を反映したものに更新されます。 デフォルトでは、package.json で既存の範囲を指定する表現が、 ^、 ~、 &lt、 =、 > のいずれか、もしくは当該のバージョンであった場合は再利用されます。 それ以外の場合、キャレット (^) に変更されます。 フラグ --caret--tilde もしくは --exact のいずれかが範囲を明示的に指定するのに使用されます。




  • package.jsonで指定した範囲を超えて最新バージョンで更新する


    • 具体的には各パッケージのlatestタグが付いたバージョンに更新する

    • そのため、メジャーバージョンが変わったりする場合があるので、注意が必要



  • 個別でパッケージ指定は出来ない


  • package.jsonを更新する☺


yarn upgrade-interactive

$ yarn upgrade-interactive

npm-checkの対話モードと同じ。


  • シェル上でグラフィカルにアップグレードするパッケージを選択可能

  • どのパッケージがどのバージョンまで更新されるのか一目瞭然


  • package.jsonで指定した範囲内で更新する

操作:


  • 移動:

  • 選択: space

スクリーンショット 2018-10-08 11.22.13.png