Help us understand the problem. What is going on with this article?

無料のドメインを取得する

More than 1 year has passed since last update.

freenom_portal2.png

最近はドメインも安く取得できるようになりましたので、需要はあまり多くはないかも知れませんが、「無料」で気軽に取得できるという点で、コストコンシャスな方々に一定の需要があると信じて投稿します。

症状と効能

  • オリジナルドメインで手軽にブログを始めたい(タダで)
  • ネームサーバのテスト用のドメインを一時的に取得したい(タダで)
  • フリーランスの名刺にオリジナルドメインのURLとメアドを刷り込みたい
  • せっかくAWSが無料試用期間なのにドメイン取得費用を払うのはイヤ

とにかくドメイン取得に一銭も払いたくない、という方向けに寄稿します。

無料で取得できるドメイン

Freenomからは5種類のドメイン(.tk/.ml/.ga/.cf/.gq)が無料で取得できます。どれを使うかはお好みで。今回は.tkで取得を進めます。

freenom_freedomains.png

.tkドメインの注意事項

90日間で25アクセス以下の場合は、登録が削除されます。3ヶ月の間に25回以上のドメインのリクエストが必要ですが、普通に使う分には殆ど問題にならないと思います。

2017.09.06 追記: ドメイン取得時に、ミニマムリクエストに関する要件が明記されなくなったようです。利用規約等にも記述が見当たりませんでした。

取得方法

ドメインプロバイダFreenomのページから空きドメインを検索~取得可能です。

ためしに、「my-free-domain」で検索してみたところ、いずれの無料ドメインも取得可能でした。

さっそく取得手続きに移ります。「今すぐ入手」をクリックし、表示された「チェックアウト」ボタンをクリック。
freenom_checkout.png

Use your new domain は、後から設定変更できるので、取り急ぎ「Forward this domain」を選択し、適当なURLを入力。
Period は「12Months @ FREE」を選択し「Continue」をクリック。
freenom_domain.png

Priceが$0.00USDなのを念のため確認し、ユーザ登録手続きを開始。私は
Googleアカウントを使ってサインインしました。
freenom_reviewandcheckout.png

GoogleのOAuthの認証が終わるとユーザ情報詳細を入力するフィールドが表示されます。特段追加入力は不要なようですので、「I have read and agree to Terms & Conditions」にチェックをして「Complete Order」をクリック。
freenom_completeorder.png

無事ドメイン取得が完了しました。「Click here to go to your Client Area」でfreenomのclientareaページに遷移します。
freenom_orderconfirmation.png

これでドメインの取得は完了です。

有効期限の更新

ドメインの有効期限が近付くと、登録したメールアドレス宛にお知らせメールが届きますので、こちらの画面から「Renew Domains」を選択して、ドメインの有効期限を延長してください。
freenom_renewdomains.png

ドメインの設定・管理全般

管理画面からドメインの各種設定変更が行えます。右上のメニューからServices > My Domainsを選択。
freenom_clientmenu.png

My Domainsのリストに、先ほど取得したドメインが表示されます。「Manage Domain」をクリック。ここでドメインに関する設定を行います。
freenom_managedomein.png

ブログに転送するだけの設定

ブログに飛ばすだけなら、「Management Tools」からURL Forwardingを設定すればOKです。「URL Forwarding」に転送先のURLを入力、「Forward mode」を「Redirect(HTTP 301 forwarding)」に設定して、「Set URL」をクリック。しばらくすると、http://[今回取得したドメイン]/で、目的のページが表示されるようになります。
freenom_urlforward.png

ネームサーバを指定する場合

ネームサーバを指定する必要がある場合(www、mailなどのホスト名を登録するなど)は、「Management Tools」から、「Name Servers」を選択します。freenomが提供するネームサーバ(無料です)を使うなら「Use default nameservers」を選択します。「Management Tools」から「Manage Freenom DNS」を選択すれば、任意のDNSレコードを登録することができます。登録画面の使い方は、Route53やDozens、お名前.comほか、一般的なネームサーバ管理ツールと変わらないため、説明は割愛します。

AWSのRoute53($0.5/month~)や、Dozens(無料/15レコード迄)等のDNSサービスや自前で構築したBind等、ネームサーバを別途用意する場合は、「Use custom nameservers(enter below)」を選択し、Nameserverを入力してください。
freenom_nameserver.png

以上、簡単ですが無料ドメイン取得とネームサーバ指定まで、レジストラでの作業はこれでOKです。Route53やDozensなどでのDNSレコード登録手順は、気が向いたら投稿します。

追記: WHOISの結果では個人情報はマスクされますので安心して使えます。
Dot_TK_-_Free_Domains_for_All.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした