Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Visual Studio】よく使われるショートカットキーのまとめ

More than 3 years have passed since last update.

Visual Studioでよく使われるショートカットキーをまとめてみました。

※Visual Studioのバージョンによっては異なるものもあるかもしれません。

なお、ショートカットキーはカスタマイズして変更することができます。

ファイル

ショートカットキー 意味
Ctrl + Shift + N プロジェクトの作成
Ctrl + N ファイルの作成
Ctrl + Shift + O プロジェクトを開く
Ctrl + O ファイルを開く
Ctrl + Shift + A 項目の追加
Ctrl + S ファイルの上書き保存
Ctrl + Shift + S すべてを保存

ビルド

ショートカットキー 意味
F6
Ctrl + Shift + B
ソリューションのビルド
Ctrl + F6 プロジェクトのビルド
Ctrl + Break ビルドの中止

デバッグ

ショートカットキー 意味
F5 デバッグの開始
Ctrl + F5 デバッグなしで開始
Ctrl + F10 カーソルの位置までデバッグ
F10 ステップオーバー
F11 ステップイン
F9 ブレークポイントの作成/解除
Ctrl + F9 ブレークポイント行のブレークポイントの有効/無効の切替
Ctrl + Shift + F9 すべてのブレークポイントの削除

編集

ショートカットキー 意味
Ctrl + E, C 選択範囲のコメントアウト
Ctrl + E, U コメントアウトの解除
Ctrl + E, D ドキュメントのフォーマット
Ctrl + E, W コードを右端で折り返す
Ctrl + R, W
Ctrl + E, S
空白記号の表示/非表示の切り替え
Ctrl + Shift + V クリップボードリングの切り替え

検索

ショートカットキー 意味
Ctrl + F クイック検索
Ctrl + Shift + F フォルダを指定して検索
Ctrl + H クイック置換
Ctrl + Shift + H フォルダを指定して置換
Ctrl + I インクリメンタル検索

表示

ショートカットキー 意味
Ctrl + - 直前のカーソル位置に戻る
Ctrl + Shift + - Ctrl + - にて戻る前のカーソル位置に移動する
F12 定義へ移動
Shift + F12 参照へ移動

リファクタ

ショートカットキー 意味
F2 名前の変更
Ctrl + R , M メソッドの抽出
Ctrl + R , E フィールドのカプセル化
Ctrl + R , I インターフェイスの抽出
Ctrl + R, P ローカル変数をパラメータへ昇格
Ctrl + R, V パラメータを削除
Ctrl + R, O パラメータ順序の再定義
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away