Edited at

Raspberry Pi で Bluetooth を使ってみた。(2)

More than 3 years have passed since last update.

Bluetoothのドングルは、BLE (Bluetooth Low Energy) 対応のPlanexのBT-Micro4を使用。


ライブラリのインストール

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install libdbus-1-dev libdbus-glib-1-dev libglib2.0-dev libical-dev libreadline-dev libudev-dev libusb-dev make


BlueZのダウンロード

BlueZ のソースコードを /usr/src にダウンロードします。

2015年9月7日時点での最新バージョンは ver.5.34 でした。

$ cd /usr/src/

$ sudo wget https://www.kernel.org/pub/linux/bluetooth/bluez-5.34.tar.xz
$ sudo xz -d bluez-5.4.tar.xz
$ sudo tar xvf bluez-5.34.tar


BlueZのインストール

ソースコードをビルドします。ビルドには少し時間がかかります。

$ cd bluez-5.34

$ sudo ./configure --disable-systemd
$ sudo make

ビルドが完了したらインストール。

$ sudo make install


作動確認

Raspberry PiにBluetoothドングルを挿します。

まず lsusb コマンドでドングルが認識されていることを確認。

PlanexのBT-Micro4の場合、Cambridge Silicon Radio, Ltd Bluetooth Dongle (HCI mode) と認識されました。

次にドライバの作動確認。hciconfig コマンドを使用。以下のような結果になりました。

$ hciconfig

hci0: Type: BR/EDR Bus: USB
BD Address: 00:1B:DC:04:AA:4B ACL MTU: 310:10 SCO MTU: 64:8
UP RUNNING
RX bytes:15799 acl:0 sco:0 events:189 errors:0
TX bytes:931 acl:0 sco:0 commands:78 errors:0

もし、UP RUNNING ではなくて DOWN と表示されていたら、

$ sudo hciconfig hci0 up

を実行。


Bluetooth機器を検索


  • コマンド hcitool scan を実行し、Bluetooth機器を検索します。

  • BLE機器を探すには sudo hcitool lescan を実行。
    hcitool scan と違って検索し続けるので、Ctrl+C で検索を中止します。


リンク


参考