Help us understand the problem. What is going on with this article?

NOT IN (NULL) に苦しめられる昼下がり

More than 5 years have passed since last update.

Railsでアプリケーション開発していて、

some_batch.rb
@jobs = Job.where(company_id: user.companies.map(&:company_id))

とやりたくなることが多々あると思う。
ところがこいつ、危険である。この時はMySQLでやっていたのだが、

irb(main):201:0> jobs = Job.where(company_id: user.companies.map(&:company_id))
  Job Load (0.4ms)  SELECT `jobs`.* FROM `jobs` WHERE `jobs`.`company_id` IN (NULL)
=> []
irb(main):202:0> jobs = Job.where.not(company_id: user.companies.map(&:company_id))
  Job Load (0.4ms)  SELECT `jobs`.* FROM `jobs` WHERE (`jobs`.`company_id` NOT IN (NULL))
=> []

…えっ?

INの時もNOT INの時も空っぽになったよ!?

なぜなのか

注目すべきは、

SELECT `jobs`.* FROM `jobs` WHERE `jobs`.`company_id` IN (NULL)

と、

SELECT `jobs`.* FROM `jobs` WHERE (`jobs`.`company_id` NOT IN (NULL))

の2つのSQL。
IN (NULL)だろうがNOT IN (NULL)だろうが、どうやら結果はfalseになるらしいのだ。

解決方法としてはEXISTSを使うという手がある。

SELECT `jobs`.* FROM `jobs` WHERE EXISTS ( SELECT * FROM ……

が、Rails…というかActiveRecordにはEXISTSを扱うためのAPIは存在せず、whereの中にベタ書きしなければならない。

どっかの記事で誰かが「 ActiveRecordのキモは生SQLとARelをいかに上手く組み合わせるか 」的なことを書いていたけど、まぁ時間がない俺はもっと簡単な手を使うことにした。

どっちにしてもサブクエリの出番だ

jobs = Job.where(company_id: user.companies.select(:company_id))
jobs = Job.where.not(company_id: user.companies.select(:company_id))

はい。

こうすることで、

SELECT `jobs`.* FROM `jobs` WHERE `jobs`.`company_id` IN (SELECT company_id FROM `companies` INNER JOIN `company_users` ON `companies`.`id` = `company_users`.`company_id` WHERE `company_users`.`user_id` = 1)

こんなような感じのSQLを組み立てることが出来る。
ガチンコサブクエリなので、ループの中などでやろうとするとN+1問題が発生してサーバー負荷の高まりを感じるが、そうでなかったりするならむしろこっちで実装しておいて、時間ができたらリファクタリングする、という道をたどってもいいのではないか。

tbaba
プログラマー。ウェブアプリケーションとか。元 https://forkwell.com の中の人。今はちょっと違う仕事。仕事道具はVimとGit。Gitは綺麗な歴史を作る派。
http://weblog.tbaba.jp
grooves
エンジニア向けサービス「Forkwell」や「Forkwell Jobs」を開発・運営しています。
https://forkwell.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away