Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What are the problem?

Mac-アプリケーション設定の制御

はじめに...

調査した内容を時系列にまとめた資料なので、その点ご了承ください。

目次

  1. 実行環境
  2. 実現したいこと
  3. CLIによる制御
  4. プロファイルを使った制御
  5. 設定値の収集
  6. 設定ファイルの作成
  7. プロファイルの適用
  8. プロファイルの動作確認
  9. まとめ

1. 実行環境

項目 情報
OS macOS 11.3.1
HW MacBook Air (11-inch, Mid 2013)
MDM環境 microsoft intune

2. 実現したいこと

最終目標

  • GUIの操作なしにmacのセットアップが行える環境を整備したい

今回の目標

  • GUIの操作なしにアプリケーションの設定を行いたい
    • 今回は、Microsoft AutoUpdateの設定を行う

3. CLIによる制御

調査したところ、アプリケーションの設定は、 ~/Library/Preferences/配下に保管されていること、plutilコマンドで編集できることがわかった。

ただ、対象ファイルを修正しても、アプリケーション起動時に設定が元に戻ってしまうため、今回は採用を見送りとする。

4. プロファイルを使った制御

CLIを諦めて、プロファイルにより制御できないか調査したところ、intuneにてアプリケーション設定を配信するための機能があったため、今回はこの機能を利用する。
※ ProfileCreatorでプロファイルを作成する方法もあるが、CLIでプロファイルを適用する方法がわからず、今回は割愛する。

intune-001.png

5. 設定値の収集

plutilというコマンドを使って、設定値を収集する。流れとしては、(1) デフォルト値の収集(2)アプリ側で設定変更(3)設定変更後の値を収集となる。

5-1. デフォルト値の収集

plutil -p  ~/Library/Preferences/com.microsoft.autoupdate2.plist

(中略)
  "InstallLockedBy" => 0
  "InstallOnCloneEnabled" => 1
  "IOCRestoreFailCount" => "0"
  "LastUILaunchDate" => 2021-05-10 15:12:08 +0000
  "LastUpdate" => 2021-05-10 14:06:48 +0000
  "OptionalDataCollectionEnabled" => 0
  "StartDaemonOnAppLaunch" => 1
  "WindowsAzureMobileServicesInstallationId" => "C1E6B380-2E6D-4058-B18E-9B9B24F10C54"
(中略)

5-2. アプリ側で設定変更

intune-002.png

5-1. 設定変更後の値の収集

plutil -p  ~/Library/Preferences/com.microsoft.autoupdate2.plist

(中略)
  "ChannelName" => "Preview"
  "InstallLockedBy" => 0
  "InstallOnCloneEnabled" => 1
  "IOCRestoreFailCount" => "0"
  "LastUILaunchDate" => 2021-05-10 15:12:08 +0000
  "LastUpdate" => 2021-05-10 14:06:48 +0000
  "OptionalDataCollectionEnabled" => 0
  "StartDaemonOnAppLaunch" => 1
  "WindowsAzureMobileServicesInstallationId" => "C1E6B380-2E6D-4058-B18E-9B9B24F10C54"
(中略)

結果として、「"ChannelName" => "Preview”」が必要な設定とわかった。

6. 設定ファイルの作成

intuneでは、xml形式で配信する必要があるため、設定ファイルをxml形式で作成する。

% cp ~/Library/Preferences/com.microsoft.autoupdate2.plist ~/Downloads/
% plutil -convert xml1 ~/Downloads/com.microsoft.autoupdate2.plist
% grep -A 1 ChannelName ~/Downloads/com.microsoft.autoupdate2.plist
    <key>ChannelName</key>
    <string>Preview</string>
% grep -A 1 ChannelName ~/Downloads/com.microsoft.autoupdate2.plist > MSupdate_Channel.plist

7. プロファイルの適用

今回は、intuneの機能を利用するため、intuneを使って、対象端末にプロファイルを適用する。
※端末は、すでにintuneへ参加しているものとする。

Microsoft Endpoint Manager Admin Centerにログインし、
デバイス > macOS > 構成プロファイルを開き、プロファイル作成ボタンをクリック。

intune-003.png

今回は、以下のようにポリシーを作成/適用。

intune-004.png

8. プロファイルの確認

システム環境設定でプロファイルが適用されたこと、アプリ側で設定されたことを確認し、問題なければ設定完了。

8-1. プロファイル状態

intune-005.png

8-1. アプリ状態

intune-006.png

9. まとめ

  • MDMを使って、GUIの操作なしにアプリケーション設定をすることができた
  • アプリによっては、プロファイル設定に応じて、該当の設定箇所がグレーアウトすることも確認できた
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
1
Help us understand the problem. What are the problem?