369
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Jupyterがすごい勢いでやってくるからお前ら備えとけ(IPython Notebook + R)

今までIPython Notebook上でRを動かそうとするとrpy2やらをごにょごにょやるとかいう方法がありましたが、いちいち%%を打ったりといろいろ不便でした。

が、先月末(2015/02/27)のIPython 3.0のリリースでIPython Notebookが大きく変わり、(まだ開発版ですが)Rとの連携もかなり楽になりました!というか今後はRだけでなく、Juliaや他の言語もカバーする方向に進むそうで、特定の言語に依存しない部分をJupyterという別プロジェクトでやっていくそうです。

代表的な言語のJupyterカーネルとしては以下のようなものが存在する模様。

現時点で使える全てのJupyterカーネルは以下のページを参照。
IPython kernels for other languages

他言語カーネルを使ったノートブックの実例は以下のページを参照。

んで、今回の主題でもあるIPython Notebook (Jupyter) + Rはこんな感じ。基本的にはNative R kernel for IPythonにある通りやると吉。OSX Yosemite (10.10.2)+MacPortsで環境構築したら途中でエラーを吐かれましたが、cppzmqをMacPortsで追加したらなおりました。

Rに最初から含まれているirisデータセットで線形回帰をするとこんな感じ。こりゃイイや!

jupyter_with_r.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
369
Help us understand the problem. What are the problem?