Edited at

PostgreSQL+phpPgAdminをMacにいれるメモ

More than 1 year has passed since last update.

php 7.0

PostgreSQL 10.3

phpPgAdmin(開発が止まってるので良さげなリポジトリ)


やること


  • PHPとApacheをいれる(MAMPが楽)

  • PostgreSQLをいれる

  • phpPgAdminをいれる


PHPとApacheをいれる

ここからMAMPをダウンロードして、インストール(簡単)

https://www.mamp.info/en/

http://localhost にアクセスして、何か表示されてたらOK


PostgreSQLをいれる

brew install postgresql

initdb /usr/local/var/postgres -E utf8 #エンコードの設定
pg_ctl -D /usr/local/var/postgres -l /usr/local/var/log/postgres start

これでpsql hogehogeで色々出来るはず。


phpPgAdminをいれる

2018/5/2の情報。

phpPgAdminがpostgreSQLの最新バージョンに追いついていないので、

以下のフォーク先のリポジトリから落としてくる。

https://github.com/flexjoly/phppgadmin

zipファイルを展開し、

apacheのドキュメントルートに配置する。

後は設定ファイルを適当に書き換えて、

保存しなおせばOK。

phpPgAdmin/conf/config.inc.php-dist



phpPgAdmin/conf/config.inc.php

基本的には特に設定の必要もなく、

localhost/phppgadmin にアクセスするとそれっぽい画面が開くはず。

ローカルにpostgreSQLをインストールしている場合はこれで終わり。

(セキュリティ的にまずいと思うので、ユーザー設定とか必要かも)

リモートのpostgreSQLにアクセスしようする場合は、

conf/config.inc.phpのホストの設定($conf['servers'][0]['host'])を書き換えればOK。


 参考

https://qiita.com/_daisuke/items/13996621cf51f835494b