横浜市のごみ分別AIで使われているチャットボット Repl-AI でできること・その1(新規登録・サンプルシナリオ・カスタマイズ)

  • 21
    Like
  • 0
    Comment

最近ニュースでも話題になっている横浜市のごみ分別AI

このシステムの根幹を担うのは,powered by に記載のチャットボット Repl-AI
NTTドコモが2016年から開発しているサービスで,プログラムの知識がなくてもルールベースのチャットボットが構築できる.

横浜市のごみ分別AIは,市民の検索性を高めるだけでなく、ごみに対する取り組みのPRや、問い合わせ電話の削減を目的に作られているとのこと.

実際に Repl-AI を使ってできることをまとめる.

新規登録はカンタン(無料)

docomo Developer support に新規登録

https://repl-ai.jp/ にアクセスし,右上の新規登録ボタンから登録を行う.
docomo Developer support に新規登録することで,Repl-AI も使えるようになる.

image.png

image.png

ログイン

docomo Developer support に登録したメールアドレスとパスワードで,Repl-AI にログインできる.

image.png

※ SNSアカウントで新規登録した場合の注意

SNSアカウントで新規登録した場合は,別途パスワードを登録する必要がある.
メールアドレスはSNSに登録しているメールアドレス.
image.png

一旦ログアウトして,ログインボックス下記にある「パスワードを忘れた方はこちら」よりパスワードを設定する.

image.png

image.png

サンプルシナリオ

ログインするとサンプルシナリオが自動生成されている.
リンクをクリックして,挨拶シナリオを試してみる.

image.png
image.png

まずはシミュレータで対話を試す

画面右下のチャットアイコンをクリックすると,シミュレータが起動し対話を試すことが出来る.
init と入力してボットから会話をスタートする.

demo_1.gif

挨拶シナリオでは,あいさつをしてボットに名前を覚えさせることができる.
一度覚えさせた後,リロードして再度シミュレータを起動し init を入力すると,先程の対話で教えた名前を記憶しているのが確認できる.
また,対話に併せて赤色の対話BOX システム発話 がハイライトされ,対話の流れが視覚的にわかる.

シナリオの詳細

上記の対話がどのように構築されているかみてみる.

1. ボットから対話スタート

init と入力すると システム発話起点 のBOXから対話がスタートし,繋がっている2つのBOXに遷移する.

システム発話BOXには,どのような時にボットが発話するかの条件が設定できる.

BOX上側の✎をクリック > 詳細設定 > どんな時に
このBOXには nameundefined という条件が設定されている一方,もうひとつのBOXは条件が いつでも になっている.
条件が設定されている方が先に評価され,条件が設定されていない方が後に評価される.

つまり,name が未設定の場合は下のBOX,設定済みの場合は上のBOXに遷移する分岐が実現されている.

image.png
image.png

実際の発話内容は システム発話BOX下側の✎をクリック > 発話内容 に入力したテキストがランダムで選択される.

image.png

2. ユーザー入力に対応

ユーザー発話BOX下側の✎をクリック > 発話内容 にユーザーの入力パターンを定義する.
* はユーザーが入力した任意の文字列に対応する.
例えば「TANAKAです」とユーザーが入力すると,「TANAKA」がユーザー発話として設定される.

image.png

続くシステム発話BOXの 発話内容ユーザー発話 を記述しておくと,入力された「TANAKA」を呼び出すことができる.

image.png

3. 変数に記憶

さらに,プログラムでいう変数に文字列を格納することもできる.
ここでは ユーザー発話 の文字列 TANAKAname という変数に格納している.

image.png

4. 記憶した変数を呼び出す

システム発話BOX下側の✎をクリック > 発話内容覚えた内容name を指定することで,TANAKA を呼び出すことができる.
image.png

GUIでシナリオを編集する

GUIの直感的な操作でシナリオが編集できる.

  • 要素の追加:サイドバーから要素をドラッグ&ドロップ
  • REDO / UNDO (ツールボタンかショートカット)
  • コピー、ペースト、複製
  • BOX同士を線でつなげる
  • 拡大縮小
  • 検索
  • 要素の整列

demo_3.gif

サンプルシナリオをカスタマイズ

サンプルの挨拶シナリオに ユーザーからの入力がされたパターン を追加し,ユーザー入力に対して,雑談を返してくれるようにする.

  1. ユーザー発話起点 追加
  2. ユーザー発話 追加
  3. 連携ボットBOX > 雑談対話ボット 追加
  4. 線でつなげる
  5. シナリオを保存して公開
  6. シミュレータで試す

demo_4.gif

このように雑談ボットは,裏側ではdocomoの雑談対話APIを使用している ようで,入力内容にある程度マッチした返答を返してくれる.

関連記事