LoginSignup
26

More than 3 years have passed since last update.

Java SE, EE, ME, SDK, JDK, JRE, JVM ややこしい用語を図で解説

Posted at

Java SE、Java EE、 Java MEはプラットフォームの種類

001.jpeg

Java SE、Java EE、 Java MEはJavaのプラットフォームの種類。
プラットフォームとは、Javaのプログラムを作成するための作成キットのことである。
プラットフォームにはAPIが含まれており、SE、EE、MEはそれぞれ含まれているAPIの種類が異なる。

SDK、JDK、 JRE、 JVMはJavaの開発や実行に使うソフトウェア

SDK、JDK、 JRE、 JVMはJavaの開発や実行に使うソフトウェアの名称。
それぞれ図のような関係にある

002.jpeg

JDKとSDKはプログラムを開発するキット

まず、プログラムを開発するのに必要なものが一通り含まれた開発キットのことをSDK (Software Development Kit)と言う。

前述のプラットフォームは作成キットなのでプログラムを作成することしかできないが、SDKはプログラム作成する際に便利な機能が使えたり、作成したプログラムの実行、デバッグなどができる。

その中でも、Javaプログラムを開発するための開発キットをJDK(Java Development Kit)と言う。つまり、JDKはJavaのSDKとも言える。

JREはJavaプログラムを実行するためのソフトウェア

JDKの中にはJavaプログラムを実行するためのソフトウェアが含まれており、そのソフトウェアをJRE(Java Runtime Environment)と言う。

JVMはOSの違いに対応するための仮想マシン

JREの中には、どのOS上でもJavaプログラムが実行できるようにするための仮想マシンが含まれている。その仮想マシンをJVM(Java virtual machine)と言う。

まとめ

  • Javaのプログラムを作成するキットをプラットフォームと言う
  • Java SE、Java EE、 Java MEはJavaプラットフォームの種類で、含まれるAPIが異なる
  • プログラム開発キットをSDKと言う
  • JavaのSDKがJDK
  • JREはJavaプログラムを実行するためのソフトウェアでJDKに含まれている
  • JVMはどのOS上でもJavaプログラムが実行できるようにするための仮想マシンでJREに含まれている

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
26