Help us understand the problem. What is going on with this article?

(まとめ)エンジニアのためのリーンキャンバスを用いたサービスの作り方

More than 3 years have passed since last update.

こんにちは!

株式会社LITALICO CTOの岸田崇志です。
LITALICO Advent Calendar 2016』6日目の記事となります!

今年のAdventcalenderではサービスの設計フレームワークを前編・後編に分けて紹介しています。

logo_1 logo_1

リーンキャンバスを知ろう

前編ではリーンキャンバスやAARRRなどについて説明しています。
リーンキャンバスを各項目を埋めていくだけでなく、ポイントを抑えながら手順を追って記述していく方法をまとめています。

詳細はサービス開発は9割が失敗する - 6つの診断パターンからみるサービス設計がうまくなるコツ(前編)を御覧ください。

スクリーンショット 2016-11-22 16.12.22.png

コンテンツを設計していこう

後編ではリーンキャンバスから具体的に機能に落としこんでいくプロセスを説明していきます。

contents_item.png

サービス全体はリーンキャンバスで設計すればよいのですが、そこから先どうやっていけばいいんだろう?という意見をよく耳にします。

そこで、前編で説明した「リーンキャンバス」に加え「遷移概要図」「モチベ天秤」について紹介します。

詳細はサービス開発は9割が失敗する - 6つの診断パターンからみるサービス設計がうまくなるコツ(後編)を御覧ください。

エンジニアの方も知っておくとサービス開発の際に役立つことが多いと思いますのでぜひご覧下さい。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away