データ分析
データ
データ可視化
データサイエンス
Exploratory

データの可視化シリーズ 第3弾 - 「色」と「繰り返し」を使ってバーチャートを「分割」する


データの可視化シリーズ 第3弾 - 「色」と「繰り返し」を使ってバーチャートを「分割」する

こんにちは

Exploratoryの白戸です。

前回は、バーチャートを使って国ごとのアクセス数を比べてみましたが、今回は色(グループ化)と繰り返しを使用して国ごとのOSのユーザー数を見ていきたいと思います。


データの可視化の目的

目的

各国のOS別の使用者数を知りたい

使用機能


  • バーチャート

  • 色(グループ化)

  • 繰り返し

それでは、実際にデータの可視化をしてみましょう!


可視化

前回と同様に、チャートはバーチャートを選択して、X軸にCountry、Y軸にuseridを選び、集計関数は「一位の数(UNQ)」を選びます。

※Otherはフィルタ機能を使用して非表示にします。

“国の数がたくさんあるので前回最も多い方から10個だけ残してそれ以外はOtherというグループにまとめました。(詳しくはこちらを見てください。)今回はOther以外に注目したいので、チャートのフィルター機能でOtherというグループを除外します。”

ちなみに、チャート横のマークをクリックして、複製を押すことで同様のチャートを作ることができます。

フィルタ機能なども引き継いているので便利です。

image.png

ここから、各国のユーザーのOS使用数を見ていきたいので、色(グループ化)を使用していきます。

色(グループ化)をクリックして、OSを選択します。

image.png

すると、各国の値にOS別の色がつきました。

image.png

MacとWindows比率がどの国でも高いことがわかります。しかし、USの値が大きいせいで他の国の値が見辛くなっています。

前回はフィルタ機能を使用しましたが、今回はズーム機能を使用してみましょう。

Japanの上からクリックしてAustraliaの下までドラッグします。

image.png

選択した範囲のみを拡大して表示してくれました。

もとに戻したいときは、チャート内をダブルクリックでもとに戻せます。

image.png

それぞれの国ごとに比率の差はありそうですが、MacとWindowsが多く、Linuxが少ないことはどの国にも当てはまりそうです。

次は、繰り返しで見ていきます。

色(グループ化)をクリックし、Noneを選びます。

image.png

これで、色分けを解除しました。

次に、繰り返しをクリックし、OSを選択してください。

image.png

そうすることで、OS別にチャートがそれぞれ作られました。

image.png

OSごとにソートしてくれているので、OS内での国の順序を知ることができます。

image.png

LinuxではBrazilが多く、MacではCanadaが中間層にいますね。FranceはどのOSでも中間層にいるようです。

繰り返しにすることで、それぞれの国ごとのOS別の使用者数が違うことがわかりました。


まとめ

今回はバーチャートと色(グループ化)、繰り返しを使って、ユーザーの使用しているOSを国別にみていきました。

観察できたこととして、当たり前かもしれませんがそれぞれの国ごとに使用されるOSの数に違いがあることがわかりました。

分割してみて、各国のOS別ユーザー数はわかりましたが、割合はどうなのか気になりました。

そのため、次回は色と表計算を使用して、OS別の割合を可視化していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひ次も読んでください!



Exploratoryデータ・アカデミー

データの可視化、またはデータ分析に関してもっと知りたい、学びたいという方は、私達が提供しているトレーニングやセミナーに参加してみてください。

こちらのExploratoryデータ・アカデミーのページに詳細情報があります。

データを使ってより良い意思決定を行っていきたいと言う方は、ぜひこの機会に参加をご検討ください!